こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

2020年、私からの最後の発信となる予定です。いろいろ有難うございました。

北海道の札幌に住む一人のオッサンが日々思ったことを好き勝手に書いてきたブログですが、目にしてくださった方にお礼を申し上げます。海原に向かって何かを叫んでも手ごたえは得られません。しかしブログで発信して何かしらの反応があると嬉しいものです。

 

今年は"あの疫病"のせいで苦難の多い年となりました。歴史シミュレーションなんかをプレイしていると、不意に疫病が発生して内政が大変になったりしますが、まさにそれを地で行くような展開となりました。

 

ここで私が支配者ならば・・・なんて思ってもそれはゲーム上の話です。しかし今年はコロナのお陰で(と言ってはなんですが)、国はおろか地方の首長などの無能さがよく分かった一年となりました。

 

何もない平時では「石ころでも首長を務められる」のです。首長だけではなく議員も同じです。議員なんて無報酬の人形でも置いておけばイイんです。

 

そんな事実が白日の下にさらされただけでも、コロナで苦難を味わった甲斐があったというものです。それなのに議員たちは満額の報酬を貰い、無駄な歳費を使っているのは如何なものなんでしょうか?

 

f:id:koji44:20201231191722j:plain

 

それはそうと大晦日も残り僅かとなり、我が家でもテレビからは「笑ってはいけない・・・」が流れています。ホント大晦日なんですね。

 

ここで来年の抱負を、来年の自分への足かせとして述べておきたいと思いますが、妻から頻繁に言われる「自分に甘い」ところを少しは直したいと思っています。

 

分かっていることも、人から指摘されるとムッとするものです。内心「分かってんだよ!そんなことは」と思っても、指摘される時点で"治っていない"わけで、そこのところは真摯に反省しております。

 

ただこの瞬間は酒を楽しみ、休みを思う存分楽しんでおり、真剣に考えるのは明日からでも良いと思っています。そうこの瞬間が大事です。

 

今年は終わりますが、なにより健康に留意しながら明るい令和3年となることを切に祈りながら、しみじみと今年を終えたいと思います。皆様にとって来年は良い年でありますように。