こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

クリスマスイブの今日、果たしてケーキを買えるのか?一か八かの三越行き

どうも今週は時間の流れがゆっくり感じられ、「ようやく木曜日かぁ」といった感覚です。そうはいっても時間が止まっているわけでもなく、亀の歩みであろうと確実に年末へ近づいています。

 

もう年内に済ませるべき仕事は終わらせているので、職場へ行っても「あと何日!」と指折り数える日々です。経理のお仕事って日程を考えやすい点は楽な職種だと言えるかもしれません。

 

しかし経理なんて「稼ぐ現場」があってこそ成り立つ仕事なので、コロナ過で大変な現場の奮闘ぶりには頭が下がります。頑張れ!みんな。

 

そんな今日は終業後に三越へ出向き、ケーキをゲットするというミッションが課されています。クリスマスイブの夕方に行って、果たしてケーキが残っているのか分かりませんが、ともかく行ってみます。

 

去年もクリスマスの当日に近所のお菓子屋へ寄りました。けっこう当日買いの人っているもんで、クリスマスケーキの引き換えコーナーを横目に列に並んで「ホールじゃないケーキ」を買いました。

 

ただ見栄えのするようなケーキは売り切れていて、普段であれば見向きもしないようなケーキを買わざるを得なかったのが去年のクリスマスの"痛恨事"です。

 

今年はなんとか"まともなケーキ"を買えることを願いながら、日中の仕事に勤しみたいと思っています。

 

f:id:koji44:20201224062831j:plain

 

そういえば最近やたらと会見をおこなって「医療現場の代弁者面」をしている日本医師会に対し、一部から批判が湧き上がっているようです。

 

日本医師会って極端な言い方をすれば「開業医のための圧力団体」なわけで、コロナ医療の最前線で頑張っている人たちとは立ち位置がちょっと違うのです。

 

私も違和感を感じていましたが、その圧力団体の会長が国民の生活に指図するのはどうなんですかね?厚労省厚労省で「SNSなんかで医療現場にエールを送れ!」なんて言っていて、もうホントにトホホな気分になってしまいます。

 

「苦労している現場の皆さん、感謝しております」

 

ホントに現場って大変なものなんですね。返す返す頭が下がっております。頑張れ!みんな!!