こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

大袈裟ながら、週末のフライドチキン作りに武者震い!

クリスマスが間近に迫り、一応雪景色ではあっても昔のように心躍らなくなりました。これも歳のせいなのでしょうか?

 

会社の中を見渡すと、見るからにクリスマスを楽しみにし嬉々としている若手もいれば、まるでクリスマスの存在など知らないような年寄りもおり、どちらかと言えば後者よりな自分が悲しくなってしまいます。

 

「ここは若いものに任せて・・・」と、お見合いの仲人のような気持ちでクリスマスを見届けようと思いますが、我が家でもクリスマスにはフライドチキンを作らなければなりません。私が。

 

フライドチキンなんて買うものだと思っていました。当然今まで作ったことはないので、上手いくのか心配になります。それだけのために各種スパイスを買うわけにもいかないし、どうしたものか悩みがつきません。安っぽい悩みですが・・・。

 

ここ1年以上私が「晩飯係」を仰せつかっているのですが、妻から「腕を上げたよね」と褒められると嬉しいものです。

 

前までは典型的な「男の料理」というやつで、コスト度外視の超マニュアル料理だったものですが、今はだいぶマシになりましたし、冷蔵庫の余り物なんかにも注意を払えるようになってきました。

 

やればできるようになるんですね、ホントに。

 

今日明日は昨日作ったカレーで楽が出来るので、金曜日に向けて体力と気力を温存し、なんとか妻の口から「このフライドチキン、美味い!!」と引き出せるよう頑張ります。

 

f:id:koji44:20201223062152j:plain