こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

忙しさの中に楽しさを見いだせることは幸せなことです。

12月9日の水曜日となりました。今日は妻が有給でお休みなので、静かに支度をして静かに出社しようと思っています。

 

先週から仕事が格段に忙しくなり、今日からさらに忙しくなりそうです。毎年のことなのですが、師走(12月)を迎えると"ラストスパート"感があって、実際の忙しさ以上の雰囲気になります。

 

この雰囲気、別に嫌いじゃありません。妙な高揚感と年末休暇へ向けて走って行く疾走感は、ある意味この時期ならではのものですから。

 

今の会社へ入ってから1年が過ぎ、ほとんど慣れたことも"年末感"を楽しめる余裕の源なんだと思います。去年の今ころを思えば、組織の全体像が見えなさ過ぎてホントに手探りな毎日でした。

 

経理のお仕事も"流派"じゃないですが、それに近い「このやり方」というものがあり、今の職場の重鎮は「このやり方」に妙に拘るところも慣れるための大きな障害でした。

 

「郷に入っては郷に従え」という言葉があります。まさにそれを地で行く職場です。

 

そんな私は若手とは違い多少の経験は積んでいるので、「このやり方」と「経理の王道」を使い分けながら仕事に励む毎日です。

 

今は3人の若手を指導することになってしまい、それぞれ経験や人間性も異なっていて大変です。しかし「このやり方」だけの経験では転職でもした場合苦労するので、なんとか基本を身につけられるよう頑張って教えています

 

今日から数日は本来業務じゃない「イレギュラーなお仕事」で忙しくなります。でも今は「えっ!もう終わったの?」と重鎮に言われるべく気合を入れています。

 

寒い日が続きますが、風にも負けずコロナにも負けず頑張ります。

 

f:id:koji44:20201209062946j:plain