こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

「不正受給に返金手続き殺到」と報じていますが、今更ですよね・・・

マスコミや一部(自称)専門家が2月から大騒ぎしたせいで、以上に脅威として報道された「コロナ」です。

 

騒ぎが大きく、それからというもの自粛ムードが高まり、一部商品が品薄になったりと、今思えば大袈裟にし過ぎたのかもしれません。

 

そのせいで・・・というか、緊急融資だったり給付金だったりが、もう受け付けたら実行的なザルな状況だったことは事実です。

 

当然、そこに目を付ける悪い奴はいるわけで、そいつらのパシリだった人たちが「すいません、よく分からずに申請してしまいました!」と自首しているのが現状です。

 

恐らく"手数料"と称するお金を「悪い奴ら」に払っていたのでしょうが、パシリの逮捕や告発に留まらず、本当の悪党を摘発してもらいたいものです。

 

給付金だけにとどまらず、実は「コロナ」にかこつけた問題融資も多いと容易に想像できます。で、それが焦げ付いたら誰が責任取るんでしょうかね?

 

そこいらへんの問題が噴出する頃には「失業者」爆増待ったなしですし、コロナ不況の本番はこれから・・・いや、来年なのでしょう。

 

しかし古来から「命あっての物種」という言葉があり、悲観しても辛いだけで何も生まれません。

 

最悪「コロナが悪いんだっ!!」というくらい、図太い神経でいたほうが良いですよ。

 

とはいえ、税金が原資となった給付金の不正受給は罰を受けねばならないでしょう。せめて罰を受ける前に「不正の構図」をゲロって捕まってください。

 

f:id:koji44:20201006202950j:plain