こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

おっさんの見えざる敵「臭い」の怖さを、改めて実感しました。

ここのところの札幌は雨交じりの曇りが続いていて、どうもテンションが上がりません。天気の善し悪しって意外と影響が大きいのですね。

 

今日の天気も「曇りのち雨」で、昨日よりは高いとはいえ21度の最高気温です。

 

まあ気温については個人的には清々しいのですが、会社の女性の一部は「冬?」といった装いで出勤していました。

 

一般的に男性より女性の方が寒がりの傾向はありますし、昨日の気温では無理もないことかもしれません。

 

汗もかかなくなるので、「おっさん」の敵である「臭い」の心配も減ります。

 

職場では先々週から一人の男性が入ったのですが、私より年下にもかかわらず見た目が「おっさん」で、しかも加齢臭的な臭いを纏っています。

 

やはり・・・というか、昨日女性陣から「あの人臭くないですか?」との声が上がりました。やっぱみんな気になっていたんですね。

 

とにかく「おっさん」になったら、最低限「清潔感」には気を配らなければいけません。残念ながらその「おっさん」には、この気配りが欠けていたんですね。

 

この手の話って、なかなか注意なりアドバイスをしずらい内容ですし、私も気にはなっていても黙っていました。

 

「あなた、臭うよ」なんて言えませんて。

 

聞くところによると、臭いだけではなく"言い訳が多い"だの"態度に問題がある"だの、問題点を箇条書きして本人に渡したそうです。

 

「お気の毒に」と思うとともに、「自分の責任だよね」とも思います。

 

「明日は我が身」という言葉もありますし、今日も朝のシャワーでゴシゴシ体を洗って、臭いには気を付けようと思う「おっさん」でした。

 

f:id:koji44:20200915062004j:plain