こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

元「民主党」が"全員集合!!"にならなかったようです。まあ、良かったですね。

国民民主党立憲民主党のいわゆ「共に元民主党」の合流話が決まったようですが、国民民主党の玉木代表は合流に参加せず、独自の道を歩む決断をしました。

 

これは賢明な判断だと思います。"党名"がどうのと誠にくだらない話ばかり伝わってましたが、このまま合流したところで「結局民主党」なわけで、なんでも文句ばかり言ってる集団の数が多少増えるだけです。

 

それより日本に本当に必要な「価値ある野党」を模索することは、国民にとっても非常に大事なことだと思います。

 

しっかりした野党がいないため、政権与党の自民党もグズグズなままですし、少し政界のシャッフルが必要な気がします。

 

しかし過去にも「みんなの党」や、現在の「日本維新の会」など、多少期待を抱かせる政党も、結果的には勢力を伸ばせなかったり内紛で消し飛んだりと、なかなか期待通りにはいかないものです。

 

前の民主党政権の悪夢や、現在の自民一強の様子を見ると、どうも日本には小選挙区制はなじまないのではないかと思うわけです。

 

なんとなく吹いてる"風"で選挙結果が大きく変わる選挙制度は、残念ながら今の日本国民にはまだ早く、なおかつ危険です。

 

また比例代表で、糞みたいな「党の重鎮」が復活当選するのも止めて頂きたいものです。

 

次の選挙は来年になるのでしょう。まあ、そこまで信念を貫いて、せいぜい頑張ってください・・・玉木さん。

 

f:id:koji44:20200812060858j:plain