こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

アメリカの激やば景気後退・・・どうなるの?

アメリカの4-6月のGDPが発表されましたが、年率換算でマイナス32.9%という最悪レベルの悪化ぶりでした。

 

日本への影響も不可避です。グローバルに広がってしまった"コロナウィルス"が一番の原因ですが、もう一国の努力で何とかなる範疇を超えてしまってます。

 

そんな中日本では「右往左往する対策」と、それに対する「批判の声」しかなく、雰囲気だけは"手詰まり感"マックスです。

 

批判ばかりではなく、もっと生産的な意見を出せないものなんですかね。

 

既存のビジネスモデルの多くが音を立てて崩れていく中、必ず新しい需要は生まれるはずで、考えようによってはチャンスなのかもしれません。

 

そうだとしたら諸外国に比べ"雇用の流動性"が低いと言われる日本は、次のステージで出遅れる可能性が高そうです。

 

だめだ。どうしても悲観的になってしまう。

 

明けない夜はありませんし、必ずや明るい時代はやってきます。そう信じて前へ進むしかないのです。なんか感染に「精神論」ですが・・・。

 

f:id:koji44:20200731064329j:plain

 

ところで台湾の李登輝さんがご逝去されました。御年97歳だったそうで、もう大往生といって良いでしょうか。

 

そこら辺の日本人より日本を理解し、日本を愛でてくださった偉大な政治家でした。ご冥福をお祈りいたします。

 

やはり激動のなかを生きてきた政治家は違うものです。一方、今の日本の政治家を見ると、なんとも小物揃いでガッカリです。

 

日本にも「国士」と言えるような政治家の登場を期待薄ながら望んでおります。