こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

暑がりにとっては"札幌"ごときでも暑いのです・・・。

きっと「北海道の暑さごときで何言ってんだ!」と思われそうですが、もともと暑さに弱い北海道人(実は寒さにも弱い・・・らしい)にとって、気温25度を超えると堪えるものです。

 

そんな中、オフィスで"暑さに弱くエアコンを強くしたがる男"vs"寒がりでエアコンを弱くしたがる女"の静かな争いが起きています。この話ってよく聞きますが、結論の出ない永遠の論争になりがちです。

 

暑がりな人間から言わせると「寒けりゃ、なんか羽織ればいいじゃん」と思うのですが、なかなか強くは言えないので、流れ出る汗を我慢しながら仕事をすることがよくあります。

 

昔は気にもならなかった体臭も、今では「匂っているかも?」とビビりながら人と接しなければなりません。

 

昨日も所要があったので帰りに1駅ぶん歩いたら汗が止まらなくなり、その後の地下鉄内で周囲の「涼しい顔をしている人」の視線を気にしながら帰宅しました。

 

あぁ、疲れる・・・。

 

とはいえ、ここは北海道。我慢もあと1か月といったところでしょうか。今は苦しんでいますが、夏が過ぎて秋になり、あっという間に寒くなるころには、この暑さを懐かしんでいると思います。

 

"ないものねだり"そのものなんです。札幌の今日の最高気温は28度のようで、街中では30度を超えるかもしれません。

 

今日も噴き出る汗と戦いながら、月末業務を頑張ってきます。

 

f:id:koji44:20200730064905j:plain