こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

中国の豪雨災害が大変なようですが、なぜか日本のテレビは無視です。

中国の長江流域で降り続いている大雨が洪水を引き起こし、もう大変なことになっているようです。さすがと言うべきなのか、中国はどんなことでも日本とスケールが違いすぎます。

 

なんと1000万人以上が被災して、被害はまだ拡大しています。日本に当てはめると東京都民全員が被災したようなものでしょうか。

 

そして今一番懸念されていることは「三峡ダム」にもしものことが起こった場合でしょうか。いろいろ言われておりますが、実際にどうなるかは分かりません。ただ"もしも"の場合は4億人以上が被災すると推測されており、その影響は中国だけにとどまらないでしょう。

 

ただでさえコロナで世界経済が低迷しているのに、"もしも"の場合は目も当てられません。今後1週間ほどが"山"とのことで、テレビではほとんど触れられませんが注目したいと思います。

 

f:id:koji44:20200628071413j:plain

 

一方、国内に目を移すと色々と問題をはらんだ「GoToキャンペーン」に先立って、地方自治体で観光業への独自支援を行う動きがあります。

 

ここ北海道でも「どうみん割」なる施策が開始されるようですが、あくまで北海道民が北海道内を旅行する場合に限られているようで、いまだ感染拡大が収まらない首都圏からの流入につながらず一安心です。

 

コロナの自粛とは全く無関係に、温泉行って美味しいものを食べたいと思っていました。とはいえ休みが取れそうもないなかで、行くに行けないというのが今の現状です。

 

しかも、もし行けたとしても"コロナ"のせいで残念なことがあります。感染防止のためビュッフェスタイルの食事が出来ないのです。

 

ホテルへの宿泊の楽しみの半分を占めていると言っても過言ではない「ビュッフェ」が無いとは、もう残念で仕方ありません。いつになったら復活するのでしょうか。

 

まさか「新しい生活様式」とか言って、このスタイルは過去のものになってしまうのでしょうか?悲しいものです。

 

世の中いろんなご意見があるでしょうが、個人的には「古い生活様式」に戻りたいものです。それで死んだら本望・・・なんてことは思いませんが、コロナごときで大事な何かを失うのは人類の負けなんじゃないでしょうかね。

 

薬もワクチンもない今は、まだまだ気を付けなければいけないのは当然です。しかし、その先には自分らしい日常に戻りたいと、そればかり願っております。

 

f:id:koji44:20200628072353j:plain