こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

週末の札幌中心部

昨日はお昼まで仕事をして、その後マツエク帰りの妻と大通で待ち合わせをしました。すすきのから大通の地下のショップは、ほぼ通常通りの営業をしていて、行きかう通行人の数もだいぶ増えた印象でした。

 

世界的に見ても格段に感染死の少ない日本ですが、昨日地下街を歩いている人たちを見ると100%近いマスク着用率で、やはり日本の国民性が感染拡大防止に大きく貢献してることが実感できました。

 

正式には明日から制限(要請)の解除なので、例えばパルコや札幌駅のステラプレイスなどまだ休業しているところも多く、来週末あたりはどんな賑わいになっているのか楽しみです。

 

マスコミを始め一部世論には北九州市のことを引き合いに「制限解除が早すぎ、第2波の流行が心配だ」との声もあります。

 

言うのは簡単ですが、経済的な苦境に立っている人たちのことを全く考慮しない、ある意味独善的な主張ですし、じゃワクチンや薬が出来るまで「自粛」を続けるのか?と、言いたくもなります。

 

一番理解に苦しむのが、テレビの街頭インタビューを受けて「解除されると感染が増えるのが心配ですぅ」と答えている奴で、恐らく見ている人のほとんどが「そんなお前、外出してんじゃん!!」と思っているはずです。

 

ほんと「自粛厨」は身勝手な人間が多いものです。感染が心配→でも自分は外出したい→だから他の人間や店は自粛してろ・・・という、自己中な思考回路なんです。

 

ともあれ昨日は天気も良かったので、札幌の街中も非常に晴れやかに見えました。南にお住いの方から見たら「笑止千万」と言われそうですが、気温28度くらいで体が溶けそうになってしまい、冷たいものが欲しくなるような昨日でした。

 

今日も同じような暑さ(?)が続くようですが、ソフトクリームでも食べようかと思っています。当然手洗いやマスク、そして密を避けるよう気を付けて行動しつつ、すこしづつ活動範囲を元に戻す日々が続きます。

 

人類が歴史上受けてきた「困難」に比べたら、こんなもん大したことはありません。アントニオ猪木さんじゃありませんが「元気があれば何でもできる!」の精神で頑張っていきます。

 

f:id:koji44:20200531064241j:plain