こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

どうなるのか?「麒麟がくる」

子供のころからNHK大河ドラマを見てきましたが、前評判や思い込みを抜きにして見ると意外と面白いことが多いものです。

 

今年の大河ドラマ麒麟がくる」も中々見ごたえがあります。まあ謎の多い明智光秀の前半生の描き方については、ある意味"やりたい放題"なんですが、やはり知っている名が多く出てくる「戦国時代物」は安定感があります。

 

この「麒麟がくる」がコロナ感染の影響で放送延期や、放送回数を減らすなど検討されているようで、気合を入れて見ていた私にとっては気になって仕方ありません。

 

スタートからして「沢尻エリカ騒動」のため波乱含みでした。なんでしょう「明智光秀の呪い」なのか、それともネットで噂される去年こけた「いだてんの呪い」なのか?

麒麟がくる」を支持する層からは「来年の渋沢栄一なんてやめちまえ!」などという乱暴な意見も出ておりますが、どうするんでしょうかね。

 

とりあえずは6月までは見られるので、再開を期待しながら普通に見ようとは思っています。

 

f:id:koji44:20200510083138j:plain

 

今日は日曜日なわけですが、朝から雨が降り続き、どうにも気分が上がらない朝です。

妻は朝6時まで起きていたようで、それとバトンタッチするようなかたちで独りの時間を過ごしています。

 

買い物の予定がなければ酒でも飲むところですが、そんなわけにもいかず、これから妻が起きてきて買い物に行くまでどうするか思案しています。

 

昨日は珍しく5時間もモンスターハンターをプレイしました。よく集中力が持ったものです。くだらない報道番組を見るよりはよっぽどマシで、これからちょっとだけプレイしようと思います。

 

こんな何の変化もない、5月10日の朝でした。