こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

恐れるばかりではなく、ウィルスを正しく理解して行動する時期になってるような気がしてます。

自粛に疲れた人たちなのか、札幌でも人気のあるケーキ屋さんの前を車で通りがかった際ガラス張りの店内を見ると、ホントに大勢の人たちがいました。

 

1週間前に見た時には閑散としていたのが、まるで普段通りの「人気店」に戻っていました。土曜日が「ホワイトデー」だったにしても、昨日の日曜日も混んでいたので、「正しく恐れる」という良い兆候なのかと個人的には思いました。

 

どこでバランスをとるか・・・が大事なのかと思います

家から一歩も出ず、誰とも会わなければ、確かに感染リスクはゼロなんでしょう。しかし国民全員がそうしていたら経済が死に、生活して行くことが困難になってしまいます。

 

アホみたいに危機を煽り立てるマスコミも未だありますが、ここは冷静にリスクを管理して、少しでも普通の生活をおくれる方法を考えるべき時期に来ているのではないかと思います。

ウィルスの特徴も少しづつ判明してきて、「密室」「多人数」「長時間」を避けることで感染リスクを大幅に下げる事ができます。それらを避け、手洗いなどを徹底できるなら意外と普通の行動が可能です。もちろんリスクは無いわけじゃありませんが。

 

毎日報道で都道府県別の感染者数を発表していますが、たぶん実際の感染者はもっと多く、しかもその多くは無自覚なうちに治ってると思います。

今のところコロナに効く薬がない以上、重篤にならない限り自身の力で治すしかありません。高齢者や疾患を持っている方以外は(ほぼ)自分で治せるでしょう。

 

ただ少しでも症状があるのなら、他人に感染させないため「自粛」しなければなりません。愛知県で「感染させてやる」と言ってばらまきホントに感染させたバカがいましたが、あんなもの「死刑」相当です。

 

何点かポイントをおさえ、出来るだけ普通の暮らしをおくる。それを実行していく期間が結構長く続きそうですが、ウィルスを「正しく恐れ」頑張っていきましょう。

 

f:id:koji44:20200316062532j:plain

 

しかしテレビをはじめとする一部マスコミは、相も変わらず国民を惑わす報道を続けています。それ以外ネットでも嘘かホントか分からないような情報が錯綜しておりますが、こんな時は「シンプル」に考えたほうが良いものです。

 

みんなが落ち着けば次の展開が見えてくるでしょう。今日から普通通り仕事です。マスクの在庫が心もとないのですが、普通に行って普通に帰ってきます。