こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

まるで「お人形」のような可愛い子供を見て、世の不公平を感じました

昨日は久しぶりにサイゼリヤへ行ったのですが、日曜日の昼時だったので非常に混雑しておりました。たぶん「サイゼリヤ」という場所だったためででしょうが、小さい子供を連れたお客さんが大勢いました。

 

その場面だけを眺めていると「日本の少子化」が嘘のように思えるくらい子供が多かったのですが、可愛い子供はホントに可愛いのですね。当たり前ですが。

 

入口に近い席だったこともあり、入店待ちの人たちをチラチラ見ていたのですが、白人男性と日本人女性のご夫婦が2人の子供を連れて待っていました。

3歳くらいの女の子と1歳くらいの男の子だったのですが、そりゃーもう可愛くて、つい見とれてしまいました。別に私はロリコンでもなんでもありません、一応。

 

容姿が全てではありませんが、良いに越したことはないわけで、あの子たちの将来が楽しみです。もう2度と会うことはないでしょうが・・・。

 

人は中身が大事とは言いますが・・・

人と初めて会うとき、最初にインプットされる情報は「容姿」なわけで、綺麗ごと抜きに容姿の善し悪しは重要なことです。

 

しかしながら容姿は生まれた瞬間ある程度決定されており、自分の努力では超えられない壁でもあります。ただ歳をとってくると、その人の性格や歩んできた人生が顔に出てきて、充実した人はそれなりの見た目になってくるのが不思議です。

 

ただ若い頃ほど容姿が重要な要素であるため、見た目の良い人ほど充実した人生になりやすいという、なんとも不公平なことも事実です。

ドラマの恋愛シーンを「こんな美男美女、実際の世の中じゃありえん」などと文句を言いながら見てしまいますが、もしリアリティある容姿のキャスティングで恋愛ドラマを制作しても視聴率はお察しです。

 

それでもこの世に生を受けただけでも幸運なことですし、多少難易度が上がってもこの「リアル人生ゲーム」を楽しまなければ損なことです。割り切りですけどね・・・。

 

f:id:koji44:20200217071448j:plain

 

私もおっさんになり、今は容姿より中身がなければホントにヤバい世代です。思い返せば容姿だったり勉強もそうなのですが、人生の貯金を食いつぶすのは一瞬なので、たゆまぬ努力が必要なんです。

 

そう、たとえ50歳60歳になっても、その先のために今を頑張らねばなりません。

 

今日から1週間が始まりますが、新鮮な気持ちで頑張ります。