こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

車が憧れの対象だった古き良き時代(バブルでしたが・・・)

今朝ぼんやりとネットのニュースを眺めていたら「スバル、実質トヨタグループへ」という記事に目がとまりました。家電なんかもそうなんですが、国内市場が縮小し、グローバル市場で戦う中で企業の集約は不可避なんですね。

 

個人的にスバルへの思い入れは全くないのですが、ふと時代の流れを感じるニュースでした。だって30年前を考えたら、各自動車メーカーはバンバン新車を発売していましたし。

 

車を持つことが当たり前だった時代

これは田舎だからということもあるのですが、30年前を思い出すと古い表現ですが「若者」はほぼ車を持っておりました。

今では考えられない事かもしれませんが、彼女を作るための一つの条件が「車を持つこと」でした。無論それだけで彼女が出来るわけもないのですが、あの当時はそんな思考が当たり前だったのです。

 

あの頃は日本がバブル時代だったこともあり、日本の自動車メーカーも元気でした。国内市場でも多くの車種を販売し、海外へもどんどん輸出していて、アメリカでも「日本は脅威」と一部で考えられていた時代です。

 

そのころの車は今ほど価格が高くなく、自分のなかのイメージでは同じグレードの車種であれば、現在の半額程度だった感じです。

バブル崩壊後、日本は物価の上がらない「デフレ時代」だったわけですが、その中で自動車とタバコだけは価格が大きく上昇してます。

 

今も昔も若い時は収入が少なく苦しいのですが、今の車の価格を考えたら若者が車を買って維持するのは大変だと思います。

出来る事なら国民の所得が上昇し、購買力も高まって、元気な国内市場になれば良いのでしょうが、給料が上がる未来が想像できません。残念です。

 

あの甘酸っぱい時代から30年余りの時が過ぎ、すっかり「おっさん」になりましたが、今でも車は大好きです。同世代も車好きは多いですし、手が届かないような車のことも気になったりします。

価値観は人それぞれですが、車の持つ「道具以上の価値」を分かってくれる若者が増えてくれたら嬉しいと思う「おっさん」です。

 

f:id:koji44:20200207062502j:plain

 

髪の毛が早く伸びる謎体質

ホントに困ったものです。歳のせいか頭のてっぺんが若干薄くなったような気がしますが、それでも髪の毛が人より早く伸びてしまうので出費がかさんでしまいます。

 

ここ10年ほどは白髪にも悩まされているのですが、早く伸びるということは、早く白髪が目立ってしまうという事で、そちらのケアも必要になります。

しかも黒い毛より白髪のほうが伸びるスピードが早いのです。謎ですが。

 

かなり伸びた状態ですが、明日は美容室へ行ってスッキリしてきます。あの頭が軽くなる感じは楽しみな反面、後頭部にあるらしい「円形脱毛」の状態が気になります。

でも自分では見えない分、日ごろの生活では苦にならないので、スッキリの方が楽しみです。

 

まあスッキリした後は、再び早く伸びる髪の毛との葛藤が始まるのですが、考えていても解決できないので、まずは明日に集中です。

 

f:id:koji44:20200207073314j:plain

 

今日は平日終わりの金曜日です。疲れていてもカラ元気を出して頑張りましょう。