こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

オリンピック誘致活動に見る、政治家や行政の無責任さについて・・・

今年は東京オリンピックが開催されますが、どの程度盛り上がるのでしょうか。前回のオリンピックは昭和39年(1964年)ですが、生まれる前のことなので、その熱気がどうだったのか知りません。

 

ただ戦後の焼け野原から復興し、敗戦から20年を絶たずしてのオリンピックですから、日本復活の象徴的イベントで、感慨深かっただろうことは容易に想像がつきます。

 

今度の東京オリンピックは決まったことなので今更言うことはありませんが、これから五輪を誘致しようとしている自治体があります。

そう、ここ札幌です。

 

なんのビジョンもないだろう札幌市

東京オリンピックの誘致から準備に至る過程を見ても、膨大なお金とエネルギーが必要なのが現在のオリンピックです。

 

確かに誘致することによって「潤う」人たちや業界がいるのでしょうが、作ってしまった施設にはその後大きな維持費が必要になります。

それは誰が負担するのか。住民の税金です。

 

東京都のような財政がしっかりしている自治体ならともかく、札幌市にそんな能力があるのでしょうか?

 

一応、誘致にあたっての言い分です。

www.city.sapporo.jp

 

なんか分かるような分からないような事が書いてありますが、「誘致して後は知らん」と言っているような気がするのは私だけなんでしょうか。

 

札幌市といえば、日本ハム球団に散々嫌がらせをした挙句、札幌ドームから逃げられ、その札幌ドームは球団がいなくなったら「赤字を垂れ流すお荷物」と化します。

この件はネットでも叩かれまくっていたので、知っている方も多いでしょうが、はっきり言って行政も「クソ」です。

 

いま全国的に既存インフラの老朽化が問題になっていますが、人口減少時代に新しいインフラとは「笑止千万」「へそで茶が湧きます」。

 

まだ誘致に成功したわけではないのですが、ホントにそれを止める「泡沫候補」じゃない市長候補が立候補してくれないでしょうか。頼みます。

 

f:id:koji44:20200124061536j:plain

 

暇だと時間が長く感じる現象

今の職場に入って2か月半なのですが、正直言うと業務に無駄が多いうえ、いる人たちも優秀とは言えない状況なので、仕事をしていると時間を持て余してしまいます。

 

そんな時間って長く感じて苦痛にすら感じます・・・決して職場で言えませんが。

 

「無駄に仕事を増やして雇用を創出している」と思えば素晴らしい会社なのかもしれませんが、今は何とかしたい気持ちを抑えて毎日を乗りきっています。

 

改革という行為は「それまでの事の否定」なので、新参者がそんなことをしたら待っている結果は想像ができるでしょう。

 

心の中では「雪解けを待ってから着手しよう」と思い、それまでは「明日のために仕事をとっておこう」という謎行動でしのいでいきます。ああ、しんど。

 

f:id:koji44:20200124063053j:plain

 

 

昨日からマスクを着用して通勤していますが、日に日に増えていく旅行者の数に驚きます。

住んでいる身としては「なにもこんな寒い時に来なくても良いのに」と思いますが、雪を見てキャッキャ喜んでいる子供を見ると、あえて来ているんだなと分かります。

 

「新型コロナウィルス」が俄然注目を浴びていますが、「インフルエンザ」も怖いので、しばらくはマスク通勤です。

 

マスクをしていると自分の口の臭さが分かりますが、そんなことは我慢です。

今日もしっかりマウスウォッシュをして、元気に行ってきます。