こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

「春節」そして「さっぽろ雪まつり」、そして「新型コロナウィルス」・・・

ここ数日で「新型コロナウィルス」の感染に関する感染者数や死者数が急拡大しておりますが、そもそも把握するのが遅れているのか、はたまた隠しきれなくなってきたのか判然としません。

 

ここ札幌でも春節前なのですが、中国語を話している旅行者数が増えております。これから日に日に中国からの旅行者が増えるでしょうし、非常に心配です。

 

心配とはいっても、マスク着用と手洗いくらいしか有効な手立てが無さそうなので、今日からマスクをして出退勤です。

 

タイミングが悪すぎな「新型コロナウィルス」

春節」といえば中国で延べ30億人以上が移動すると言われる、まさに一大イベントなんですが、そこに照準を合わせたかのような「新型コロナウィルス」の感染拡大となっています。

 

これが映画だったら「バイオテロじゃないのか?」という展開ですが、いまだ感染力や致死率など詳しくは分かっておらず、只々祈るしかないような状況です。

 

最近の中国人旅行者を札幌で見ていると、以前は「こんなとこに来ないだろう」といった場所でも見かけるようになってきました。

これって民泊に泊っているのか?とも思うのですが、ホント何もないような場所で見かけます。

 

幸いと言っては失礼ですが、相変わらず「原色系」のカラフルな防寒着を着ている方が多いので、すぐに分かります。

 

すぐに分かったからといって逃げるわけにもいかないのですが、通りすがりに"息を止める"という原始的な自衛策をとっています。

 

なんかWHO(世界保健機関)で緊急理事会が開かれたものの、緊急事態かどうかの判断を先送りしたようですし、国際的に後手に回っているようです。

 

残念ながら「マスク」と「うがい」と「息止め」で、これから身を守るしかありません。

 

f:id:koji44:20200123060434j:plain

 

2月4日から「さっぽろ雪まつり」が開催され、より人の往来が激しくなりますが、そのころにはこの「新型コロナウィルス」騒動はどうなっているのか?

 

よほどのことでもない限り、飛行機やホテルを予約した人たちは来るんでしょうし、さすがに人が多ければ「息止め」も限界があります。

 

相変わらず国会では「桜」や「IR」ばかりですが、「新型コロナウィルス」に関してもっと真剣に取り組んでもらえないのでしょうか。

日本国内で感染拡大でもしなければ動かないでしょうね・・・。