こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

どんなに歳をとっても嫌いなものは嫌いなんです

昨日は日曜日にもかかわらず新年会のため、午後5時から9時まで外出していたので、新大河ドラマ麒麟がくる」を見られませんでした。録画も忘れたし・・・。

 

今朝ネットを見ると、さっそく「極彩色に賛否」なるニュースが出ていましたが、見てみない事には何とも言えません。

 

そういえば何年か前の「平清盛」では、「画面が汚すぎる」みたいな反応だったのを思い出しました。

個人的には史実を捻じ曲げ過ぎなければ「どうでもいい」と思うのですが、如何なものなんでしょうか。

 

嫌いなものを嫌いじゃないフリして食べる苦行

久しぶりの苦行でした。私は偏食の傾向があるものの、大体のものは食べることができます。

ただ「白子」だけは無理で、嫌いなものを聞かれた時は、その筆頭に「白子」と答えています。

 

ところが今まで会った多くの人が「白子」が好きで、むしろ貴重な珍味として有難がられています。

 

昨日の新宴会はフグ料理のお店が会場で、フグの刺身や鍋、から揚げなど食べていたのですが、追加オーダーで「白子」を注文する人がいて、完全に善意なのでしょうが、私の分までオーダーしてくれちゃってました。

 

一つは生の白子を鍋に投入し、程よいところで食す「煮た白子」で、もう一つは「焼いた白子」でした。

 

勇気をふり絞り、意を決して「白子」を口に運びました。当然のように鼻の息は止め、口に入れて間もなくハイボールで胃の中へ運んだので、正直味は分かりませんでした。

 

周りを見ると美味しそうに食べているので、私も大人の礼儀として「微妙な笑顔」でいましたが、久しぶりに油断しておりました。

いい歳した中年がなんだよ!と言われれば返す言葉はありませんが、嫌なものは何歳になっても嫌なんです。あー、口直しにステーキでも食いてー。

 

f:id:koji44:20200120062307j:plain

引用:Wikipedia

 

昨日の夜遅くから雪が降っているようで、外を見ると久しぶりに雪が積もっています。まあ大した量の雪ではありませんが、なんか雪景色が新鮮に感じてしまう今年の冬なんです。

 

今週末には「春節」で多くの中国人観光客が札幌にも来そうですが、「新型コロナウィルス」を連れてこないか心配です。

 

週の初めですが、感染を防ぐためにも、ちゃんと栄養を摂って元気でいようと思います。