こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

子供のころ抱いていた「ソ連」への恐怖感・・・を思い出しました。

根室の漁船がロシアに連行されました。先月も同様なことがありましたが、その時と同様「違法な操業を行っていた」とロシア側は言うでしょう。

 

昔の記憶では、まだ"ソ連"だったころはもっと過激だったような気がします。銃撃したりとか・・・。

 

こういう事件を見ると、改めて国境を接しているんだと思います。

 

ソ連」という怖い存在

冷戦が崩壊して30年近いのですが、昔は今のようにインターネットもなく、情報がかなり限られた中、北海道在住の身にとっては「ソ連」は何となく怖い存在でした。

 

「もしソ連が日本に侵攻したら、北海道が戦場になる」というのが現実的脅威として感じていましたし(個人的に)、実際日本の「仮想敵国」筆頭だったわけです。

 

最初に認識したソヴィエト連邦の書記長は「ブレジネフ」だったのですが、その見た目が子供心に「悪の帝国の首領」といった感じで、なおさら恐怖を感じました。

f:id:koji44:20200116060438j:plain

 

今となれば過去の歴史となり、ブレジネフ時代に行った「アフガニスタン侵攻」が「ソ連崩壊」の原因の一つと言われていますが、当時は知る由もありません。

 

令和に時代となった今ですが、当時の勝手に感じていた緊張感を考えると、もう間然に気が抜けています。

しかしソ連がロシアとなった今も、友好国とは言い難い相手なので、けっして油断はできません。

 

拿捕された漁船のみなさんの無事を祈っております。

 

今週末、日曜日だというのに「新年会」

職場に入って2か月余り。「19日に新年会やるけど大丈夫だよね?」と聞かれ「あっ、大丈夫です」と言うしかありませんでした。

 

ただでさえ土曜日半ドン勤務なうえ、日曜日もそれじゃ気分的には"7連勤"です。

 

会社の飲み会に関するいろいろな意見を目にしますが、若手を中心に否定的な意見が目立つのはしょうがないことです。

しかし中年の私にとっても、このように我が身に降りかかると「うわー、面倒だし行きたくない」と思います。

 

これがまだ土曜日なら良いのですが、日曜日ですからね・・・。

 

唯一の救い(?)は、高級なお料理と高級なお酒を堪能できるらしいことでしょうか。決めてしまった事をグジグジ言っても仕方ありません。

こうなったら、思いっきり料理と酒を楽しんできます。

 

f:id:koji44:20200116062510j:plain

 

 

今日は木曜日ですが、やはり月曜日が祝日だったので週までが早いですね。

今週末のことを考えると憂鬱ですが、かくなるうえは今日から体力と気力を温存すべく、70%くらいの力で仕事に取り組もうと思います。

 

まったく意味のない、静かなる抵抗ですけどね・・・。