こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

2020年の元旦を無事迎える事ができ、新たな気持ちで前に進めます

新年あけましておめでとうございます。

 

ブログを書いていると、「いったい誰に向かって言って(書いて)いるんだろう」と考える瞬間があります。

 

今も年賀のご挨拶を書きながら思ったのですが、どなたか見てくださっていれば、まあそれで十分なんですがね。

 

一年の計は元旦にあり・・・と言いますが

晦日は何とか日付が変わるまで起きていられ、そこから6時間ほどねて元旦の朝を迎えました。

ここ数日10時間くらい寝る日々が続いていたので、正直眠気が残っています。眠いながらも今日起きたのは「三井アウトレットパーク・北広島」も初売りに行くためで、9時前には出発しました。

 

オープン前には到着できたのですが、店舗前には長蛇の列ができていて、そこだけを見るとホントに消費は落ちているのだろうか?とさえ思えるほどでした。

 

f:id:koji44:20200101143127j:plain

 

寒い中皆さん元気ですよね。

2時間ほど滞在しておりましたが、夫婦で3点ほど服を購入し帰ってきました。久しぶりの人ごみで多少疲れましたが、欲しかったものが手に入り満足です。

 

去年までは2日が初売りだった「三井アウトレットパーク」なのですが、世の中の流れに反して元旦営業を行い、行ってみた限り"その甲斐があった"ようです。働いてる人たちは大変でしょうけど・・・。

 

家に帰ってから「今年すべきこと」を整理しようと思ったのですが、ここ数日で体に染みついた「怠け癖」のせいかイマイチ気乗りがしておりません。

しかし大体の目標は昨年中に考えてもいますし、あまり堅苦しく考えても「ストレス」になります。

 

今はゆったりとした気持ちで正月を過ごし、来週からスタートダッシュをかまそうかと、そんなある意味甘い考えで・・・いや、ポジティブに考えています。

 

成功者は「願えば叶う」と言いますが、どこまでホントなのか

世の中一定数の「成功者」がおりますが、その成功者のほとんどが「願えば叶う」的なことを言っております。

そりゃ考えてみれば、彼らは成功しているのですから、「願ったことが叶っている」わけです。

よく歴史をみていても同じことが言えて、勝ち残った人の行動を見ていると、あたかも全ての判断が成功へ直結しているように見えてしまいます。

 

成功者の陰には数多の失敗者・脱落者がいるわけですが、そんな人たちも決して一括りにはできません。スタート直後に脱落する人もいれば、天下分け目の最終決戦で敗れる人もいるからです。

 

結局のところ、ほぼ全員が成功を願っていながら、叶えることができるのは一部の人だけなんです。

しかしながら「願い」もしなければ何も始まらないわけで、今の私も「叶うこと」を信じて今一度頑張ろうと思っているわけです。

 

「望外の成功」を望めばイバラの道で、挫折が多そうなのですが、そんな高望みせず進んで行ければ小さな成功でも「喜び」を感じることができます。

そう、そんな道を歩んでいけたら良いなと、元旦に考えています。

 

f:id:koji44:20200101152216j:plain

 

2020年1月1日、今も夫婦でダラダラ過ごしています。妻が見ている「きのう何食べた?」というドラマをチラ見していますが、けっこう面白いです。

 

なんかこんな時間も幸せを感じ、変に焦らず頑張ろうと思う今なのでした。