こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

自分の価値を見誤ると大変だった・・・と、当たり前の反省です

12月30日のお昼過ぎ、いまこうしてパソコンに向かっていると2か月前の無職の日々を思い出します。

 

精神的には全然違うのですが、なんか時間がゆったりと、なおかつ無意味に過ぎている感じが似ています。

それでも明日の手巻き寿司の材料は午前中に買い物し、やるべきことは済ませています。

 

何となく「今年を振り返らなければ」と思っていますが、心のどこかで「前を向いて進んだ方がイイんじゃね?」という気持ちもあり、いまいち整理がつきません。

 

それでも少しは今年の経験で思ったことを振り返ろうと思います。

 

自分が思っているほど、自分の影響力は無いという事実

悲しいけど、これって事実なんです。職場で「俺がいなきゃ回らないだろ」という自信程には、実はいなくても何とかなるわけで、今年の9月に会社を去った後も何とかなっている・・・と思います。

 

「思います」というのも、その後の事情には一切触れていないので、前の会社がどうなっているのか知りません。

 

よく「便りがないのは良い便り」と言いますが、恐らくそんなことだと思ってます。

しかしまあ悲しものです。前の会社では現場の苦労をよく聞き、仕事をしやすいように骨を折ったつもりですが、早い話「金の切れ目が縁の切れ目」なんでしょうかね?

 

辞めた"ちょっとイイ人"より、目の前の仕事や会社が大事なんです。そりゃそうです。

 

そんな現実的かつ経済的な理由もなしに付き合えるのが「家族」や「本当の友達」なんでしょうね。

分かっています、私も。

 

何度か窮地に陥るたびに気づくのですが、ホント「自分が思っているほど、自分には影響力がない」のです。

まっ、来年はそこらへんの事実を踏まえ、地に足をつけて頑張っていきます。

 

f:id:koji44:20191230141032j:plain

 

意外と世の中「甘くない」という事実

こんなこと言っている時点で自分が甘いのでしょうが、これだけ「人手不足」と言われていても、未だにそこいらの企業は「妙な人選」をしています。

 

しかしどんなに叫ぼうが、書類選考を突破し面接を打破し、職について実力を示さなければどうにもなりません。

 

その機会さえ見つけ得られれば・・・まだまだ捨てたものではありません。

 

というか、身の程知らずの採用担当は「〇ね!」。

 

こんな年の瀬に汚い言葉を書くのも何なのですが、来年以降はそんな人を虐げてきた人は「因果応報」で、とんでもないことになるでしょう。

 

改めて思うと、努めて生計を立てるのならば、少しは慎重に仕事を選ばなければならないと、ホント反省の一年でした。

 

f:id:koji44:20191230162633j:plain

 

 だらだら過ごしていたら夕方です。

 

夜が勿体ないので少し寝るとします。あすは大晦日ですが、明日こそ真の意味で今年を振り返ろうと思っております。

 

では、おやすみなさい。