こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

ささやかな節約で幸せを感じる「安い男」

人は見かけによらないとか言われますが、一方である程度の年齢になってくると人となりが顔に現れてくるもので、バリバリやってる人は自信のありそうな顔になっているし、悪い人はそんな顔になっているものです。

最近話題になっていた「テコンドー協会」会長の金原さんは典型的な悪役顔で、きっと彼の強権的姿勢ややってきたことが、あの表情に凝縮されているのだと思います。

 

かく言う私の顔はどうなのか?

 

鏡で見る顔と写真で見る顔が違って見える謎現象

これって何なのか。毎朝シャワーを浴び、鏡を見るのですが、そこにいる私は「普通」に見られる顔なのですが、妻が時折撮影した私の画像を見ると「自分らしきおっさん」が写っています。

だいたい妻は私が油断しているときや、明らかに「負のオーラ」をまとっているときに撮影するので、それだけでは判断はできません。

 

しかしこの現象は今に始まったことではなく、けっこう昔からありました。他人が見たら一緒なんでしょうが、できるなら写真に写った「自分らしきおっさん」は見たくないですね。

あれはホントに自分なのだろうか?

自分なんでしょうね、残念ながら。よく写真など撮るときに決め顔できる人がいますが、ホント尊敬するし羨ましい。

最近妻から"顔のたるみ"を矯正するため、デカい口を開け「あ・い・う・え・お」と言うように指示されているのですが、そのついでに「決め顔」の練習でもしてみますね。

f:id:koji44:20191128061024j:plain

 

ちょっとした節約について

私、お酒が大好きで、少し前まではバーボンをロックで飲んでいました。最近は出費を抑えるためバーボンはたまにしか飲めないので、普段は芋焼酎をロックで飲んでいます。

ただ酒代だけではなく、意外と氷代がかかるんですね。北海道とはいえ夏は普通に暑いですし、冬は暖房をガンガン利かせているので室内は暑いです。

そうなると氷がどんどん溶けていくので、氷の消費量が凄いのです。妻から苦言と呈され、このところは冷蔵庫で氷を作ってます。

 

100円ショップで買った丸い氷が作れる道具と、単なるタッパの2本立てですが、そもそも飲んでいる酒がバーボンや芋焼酎といったクセのある酒なので、意外といけるものです。

難点としては市販の氷より解けるのが早い(ような気がする)ことです。なので自家製氷と市販の氷を4:1くらいの比率で使っています。

 

市販の氷が切れていたので、昨日の仕事帰りに北海道が誇るコンビニ「セイコーマート」で2.1kgの氷を買ってきました。税込み378円です。

他のコンビニに比べお安いので重宝しております。

 

高い酒を飲んでこだわりのある方から見たら信じられない行為なのかもしれませんが、安酒飲みの節約術・・・いや「術」でもなんでもありません。

でも楽しいですよ、こんなことですら。

f:id:koji44:20191128063039j:plain

 

そろそろシャワーを浴びる時間なのですが、このところ寒いのでヒートショックに気を付けています。これ誰でも起こりうることらしいので、皆さんも気を付けましょうね。