食べログの件でいろいろ燃えてますが、そもそも信用できるわけがないですよね

一般人として普通に生活していると、当たり前ですが飲食店のレパートリーが多いわけもなく、例えば夫婦で「今日のお昼どこで何食べる?」となったとき、どうしてもネットを見てしまうわけです。

キーワードを入力すると当然のように「食べログ」が上位に出てきて、ついつい見てしまうのですが、まあ当てにならないですよね、その評価。

 というのも当然で、食べ物って人によって味覚が全然違い、友人ならいざ知らず、全くの他人の評価を鵜呑みに出来るわけがありません。まあ実際は知人の評価もあまり当てのはならず、食べログ含め参考程度に考えておかないと悔しい思いをします。

 

しかし最近話題の「点数欲しけりゃ会員になれ」と食べログがアプローチしてきた件ってホントなんですかね?似たような話は随分と昔からあるので、あながち嘘だとは思えないのですが、サイトがこれだけ影響力を持ってしまうと、こうした行為は「暴力」に他なりません。

ただ食べログが全く無駄かと言うとそんなことはなく、お店の基本情報や料理の写真を見れるだけで非常に助かっているのは事実です。なのでその程度の利用だと考えれば腹も立ちませんし、良いのではないかと思う次第です。

自分もたまにブログや、その他日常会話で飲食店の話をすることがあるのですが、ごく一部のお店を除いては、行って食べて内心「美味しくないな・・・」と思っても、表現としては「自分は好きではない」くらいの表現にとどめております。人によっては美味しく感じるかもしれませんしね。

 

先日エスタの10階にある「四川飯店」という中華料理のお店に行ってきたのですが、事前に聞いていた話でかなり期待して行ったのですが、正直私の口には合いませんでした。多分味付けと味の濃さの問題なのですが、両方足りなかったのが残念でした。

f:id:koji44:20191009113540j:plain

四川・あんかけ焼きそば定食

正直私もそんな高級な舌を持っているわけではないので、参考にしないで頂きたいのですが、昔から「あんかけ焼きそば」が好きで、つい行った中華料理屋の評価の物差しに「あんかけ焼きそば」を使ってしまいます。

その物差しで測ると、残念ながら四川飯店は私好みではありませんでした。景色は最高でした・・・。

 

やはり自分に合うものを見つけるためには、どんどん経験を積まなければならないのですね。その経験を積むためには先立つものが必要なので、早く仕事に付かなければと思うこの瞬間です。