教師による教師への「いじめ」?なんですが

神戸市で発覚した教師4人が同僚の(多分気の弱い)教師へのいじめですが、映像まで出てきてしまい、あれを見たらもう傷害事件ですよね。

先日の関電の件もそうなのですが、発覚後に次から次と新事実が露わになり、もう後戻りできなくなってしまいます。今回の「教師による傷害」も校長が見てみぬふりをしていたことが分かり、いよいよ収集がつかなくなってきています。

ただ、この件って神戸のこの学校だけの特殊な事例なんでしょうか?神戸市教育委員の記者会見でこの件を「前代未聞」と言っていましたが、ホントに前代未聞なんでしょうか?

子供同士の「いじめ」も認知件数がその全てではないのですし、そもそも「いじめ」という単語が「傷害」という言葉をごまかすワードのようで嫌です。

もう一刻も早く全容を把握し(してるかも)、洗いざらい発表し早く厳正な処分をしましょう。

 

ところで別のニュースでは宮崎県美郷町の高級「牛脂」が話題になっていますが、私は個人的に今の「ふるさと納税」制度に違和感をもっているので、今回の件は確かに酷いのですが制度の在り方をもっと議論してほしいものです。

この制度の導入時、当時東京都知事だった石原さんが大声で異を唱えていたのを覚えているのですが、私も不勉強で「自分の生まれ故郷へ寄付する」制度くらいな認識でした。

ところがよく見てみると、生まれ故郷もくそもなく、得するとこへ寄付して、結果寄付できるある程度所得のある人と魅力的な「景品」を用意した自治体だけがwinwinなわけで、どこが"ふるさと"納税なのか不思議でなりません。

 

なんか仕事探しの合間にニュースをチラ見して、こんなことを考えているのもどうなのかと思いますが、ついつい気になってしまいます。いよいよ政府発表の景気判断も「悪化」となり、不景気への坂を下り始めているので、早く就職を決めないとヤバいですよね。

今日も探しまくろうと決意を新たにしている、職探しおじさんでした。