1泊2日の函館旅・・・その②

APAホテルで迎えた朝。目が覚め時計に目をやると5:40でした。

今日の朝飯は「函館朝市」で海鮮丼を食べる予定なので、起きた瞬間からテンションが上がります。朝に弱い妻はまだベットから出る様子がないので、ちょっと散歩へ出かけました。セブンイレブンでコーヒーを飲み、朝市の「どんぶり横丁」を視察しました。

f:id:koji44:20190814063532j:plain

函館朝市「どんぶり横丁」

もうそこそこ人が出ていて、ホント皆さん早起きなんですね(私もですが)。

中を一通り見て回り、ある程度行くお店の目星を付け、ホテルへ一度戻りました。まあ朝市からAPAホテルまで数分の距離なので大したことではありません。

改めて身支度を整え、再び夫婦で朝市へ向かいました。先ほどより更に人が多くなり、人気がありそうなお店の前には列ができていました。

正直海鮮丼は素材の味そのままなので、極端に不人気そうなお店じゃない限り味は変わらないと思いますし、値段と量の違いなんだと思います。

数あるお店の中で選んだのが「馬子とやすべ」という変わった名前のお店です。

f:id:koji44:20190814071747j:plain

馬子とやすべ

15分ほど並んで入店できました。待っているうちからある程度注文するものを決めていたので、さっそく私は「かに・生うに・イクラ丼」、妻は「かに・ホタテ・イクラ丼」を注文し、せっかくの函館なので「活イカ刺身」を追加しました。

f:id:koji44:20190814072420j:plain

かに・生うに・イクラ

デーン!!と目の前に現れたどんぶり。旨そうです。ちなみにこれで2,000円ですが、観光地の値段としては良心的な価格だと思います。前に小樽の某所でうに丼を食べたら6,500円もしたので、せっかく行ったから・・・と、思考停止で注文するのも考えものです。

どんぶりとイカを美味しくいただき大満足でした。ただニュースでは見かけていたのですが、函館では近年イカの不漁が続いており、今回食べたイカの刺身も随分と小ぶりなイカでした。イカの街なのにイカが不漁とはキツイですよね。

お腹もいっぱいになり、一度ホテルに戻って荷造りをして8時40分ころチェックアウトしました。昨日もジンギスカンの煙を浴び、体もべとべとだったのでホテルを後にした私たちは「谷地頭温泉」へ向かいました。

 毎回函館に来るたび谷地頭温泉へ行っていますが、今回は特に腰の具合がよろしくなかったので、治療の意味合いも含めての温泉です。

大人1人420円という銭湯価格で温泉に入れるので有難いですし、基本地元民が行く場所なので混んでいないのもイイですよね。

昨日と違い、この日は朝から気温がどんどん上昇していたので、温泉から上がったら汗が止まりません。温泉ならではなのですが、Tシャツもびしょびしょです。

www.hakobura.jp

この谷地頭温泉ですが、湯温が高めなで、子供のころ連れて行かれた当時は半ば拷問のような感じがしていましたが、今では余裕です。

体もさっぱりした後は2日目の本格的活動にとりかかります。

まず向かったのが「レイモンハウス元町店」です。函館で作られている「カール・レイモン」の今は直売所の一つですが、昔はこの小さな場所で「完全な手作り」でハムやソーセージが作られていたんですね。

www.raymon.co.jp

昔、実家は函館で精肉店を営んでいて、月2度くらい元町のカール・レイモンへ仕入れに行っていました。子供だった私もよくついて行ったのですが、行くと狭い事務所の奥にレイモンおじさんがいて、必ず握手を求められました。

初めて私が「握手」という習慣をしったのがカール・レイモンとの握手でした。あの大きく分厚い手の温もりは今でも覚えていますし、カール・レイモンは大の子供好きだったので、行くたびに「出来たてのソーセージ」と「甘い紅茶」を振舞ってもらいました。

そんな感傷にちょっとばかりしたりながら、ソーセージやサラミなどを購入し、次の目的地「函館ベイエリア」へ向かいます。

今ではすっかり「観光地」以外何ものでもない"ベイエリア"ですが、今でも営業している「明治館」以外の倉庫群は、昔はただの倉庫でした。今でこそビアホールやショップの入店するハイカラで雰囲気のある場所になっていますが、子供のころは単なる遊び場所でした。

ここでは旅の土産を買い、昨年訪れた際に購入して"激うま"だった「かぼちゃプリン」を購入しました。

倉庫群の中に「BAYはこだて」という建物があって、そこで営業している「プティ・メルヴィーユ」というお店のプリンなんですが、甘さ控えめでかぼちゃの美味しさが際立っています。

www.petite-merveille.jp

ちなみに3個入で1,000円と、この手のお洒落系プリンとしてはお安めです。

とうぜんお盆休みなので道を歩く人の数も多かったですし、相変わらず「ラッキーピエロ」の前には行列ができていました。ちょうど10時ころだったのですが、このラキピに並んでいる人たちは朝食を食べていないのか??と、不思議に思いました。

それとも"別腹"なのか・・・?いやいや、あり得ません。ラッキーピエロのボリュームは凄いですし。

f:id:koji44:20190814085528j:plain

はこだてベイエリア

そんな他人の胃袋具合は正直どうでもよく、ショップを一巡りしてから次の予定である「旨い塩ラーメン」のお店の開店時間までちょっと余裕があったので、あまり観光では行くことのないだろう「緑の島」へ向かいました。

 

つづく。