こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

暑い土曜日の、「萬蔵際」・・・という知名度の低いイベント

今日も朝から晴れて順調に気温が上がり、糞暑い土曜日となりました。

今週はずっと暑い日が続いて、朝からというより、寝ていても体力が消耗している感じで、起きがけからダルさがヤバいです。それでも朝から精力的に活動し、不動産屋で新居の契約をしてから遅めの朝食を「信州庵」で摂りました。

さらっと解説すると、この「信州庵」というそば屋は札幌中心に"ギョーザ"屋チェーン「みよしの」を展開している会社がやってる店で、そこそこのお蕎麦がリーズナブルに楽しめるお店です。今日は「かしわせいろ」を頂きました。

f:id:koji44:20190803175343p:plain

かしわせいろ

引用:信州庵 » メニュー

遅めの朝食で、腹持ちの悪いお蕎麦を選んだ理由は「萬蔵際」へ後で行くからです。食事が済んだあと、ソファーを買うために「スイートデコレーション・アウトレット」へ行きましたが、ある程度目星を付けていたので30分ほどの選考時間で済んだのですが、妻が希望していた「キャメル色」の良いソファーが無く、結果的に多少妥協したチョイスとなったのは残念でした。

そこから「ニトリ」・「格安スーパー」へ行っていったん帰宅。

一休みしてからいよいよ「萬蔵際」へ出発です。ちょっと前にも触れたのですが、この「萬蔵際」というのは札幌市白石区にある「本郷通商店街」でこの時期に行われるイベントなのですが、ホント絵にかいたような"地域密着型イベント"で、もしかしてパジャマで行っても違和感ないかも?な感じです。

去年に続いての訪問だったので、もう手慣れたものです。めぼしい屋台の位置も把握し、焼き鳥&ビールから始まり、ブラブラ歩きながら「誠寿司」の屋台に到着しました。屋台で"生寿司"って珍しくないでしょうか。まあ寿司屋の屋台だからと言ってしまえばそれまでなのですが、焼き物が多い屋台の中で異彩を放っています。

f:id:koji44:20190803182232j:plain

屋台の生寿司

正直これで800円は高いのですが、まあ祭りということで大目に見ましょう。

青つぶ煮と一緒にまたハイボールを飲み、生きていることへ感謝を感じました。相変わらず直射日光がきつく、汗が止まらない中でしたが、どうして日中から飲む酒ってこんなにも幸せを感じるのでしょうか?

f:id:koji44:20190803182740j:plain

ハイボール

この「誠寿司」の屋台の近くに、恐らく「萬蔵際」で一番広い飲食スペースがあり、去年もそうでしたが今年も一番ゆっくりできました。そこまでの道すがらも夫婦で話していたのですが、去年の「この日」のときの私の置かれていた状況の話をされ、改めてこの一年間の苦悩を自分なりに振り返りました。

しかし時は戻らないし、前に進みむしか現状を打開する術はないのです。

その場所を後にした私たち夫婦は、帰ってから食べるものを物色しながら来た道を戻っていき、やがて「萬蔵際」の端っこにたどり着きました。そこまで2時間半ほどの滞在だったのですが、楽しい時間の終わりに寂しさを感じながら家路につきました。

 

なんというか、普段何となく生きていて気が付かないことが多いのかもしれませんが、ちょっとした幸せはそこいらに転がっていて、気づけないことはホントに損なことだと思います。

今日は一年前に気づけた「ちょっとした幸せ」に再び出会えて、またちょっとした幸せを感じた"糞暑い"土曜日でした。