「京アニ」放火事件で思うこと・・・

なんとも、ただただ怒りしか感じない事件が起きてしまいました。もうこれは「テロ」ですし、恐らく拘束されたテロリストに供述させても「意味不明」なことを言うのでしょう。

先ほどNHKのニュースで当然のようにトップ報道されていましたが、アナウンサーが「全容究明してほしいものです」と、ほとんど感情もなく言っているのを見て、これも違和感というより怒りを感じます。なんだよ「全容究明」って。

NHKの局アナとして当たり前の仕事をしているだけなのでしょうが、なんとも嫌な感じがビンビンです。

 

普通に考えて防ぎようがないテロで、たまたまそこにいて犠牲になった方は気の毒というしかないのですが、ややり事前に予防する手立てが必要なんじゃないでしょうか。

こんな事をいうと「人権派弁護士」みたいなテロ支援者が文句を言うでしょうが、テロリスト1人の人権より、犠牲者の人権の方がはるかに大事なんじゃないの?

だって何の落ち度もないし。

 

全く、不快な木曜日でした・・・。