老夫婦が経営しているあるラーメン店

週も明け、ようやく気だるい月曜日が終わる間際です。

週の初めからテンションが低いのは世の中のサラリーマンには多いと思うのですが、まあしょうがないですよね。昨日なのですが白石区北郷にある「特一竜」というラーメン店に行ってきました。これが3回目くらいの訪問だったのですが、かなり高齢のご夫婦(たぶん)がやってらっしゃるラーメン店で、ホントに昔ながらのお店といった良いお店です。このお店も私の大好きな「鶏がらスープ」のラーメン屋さんで、食べるとなんか「ほっ」とするお店です。

お店の場所がちょっと特殊な場所にあるせいなのか、今どきのお店じゃないからなのか、行くたびに思うのですが見た感じ「近所の常連さん」みたいなお客さんが多く、女性一人で行くことはお勧めいたしません。

昨日はラーメン屋から帰った後にお酒を飲みながら野球観戦をし、晩飯のあとに最近始めた副業の仕上げをしていたのですが、慣れない画像編集やデザインなんかで結構疲れたのですが、妻の助けもあり何とか昨日のうちに終えることが出来ました。

終えて速攻寝たものですから気が付いたら月曜日の朝で、そのせいかいつもより気だるい朝だったのかもしれません。

そんなことより今日ふと思ったのですが、何気なく暮らしているここ札幌のことについて、いままで実はあまり興味があったわけではなく、以前放送した「ブラタモリ」の札幌の巻を見て「へえ~」と驚いたほど知らないことだらけでした。さらに言うと北海道のことも実は一部を除いて余り知らないので、ちょっとは調べたり歩いたりしても良いのかなと思い立ったのです。

別に歴史紀行のような重厚なものではなくても、ちょっとしたネタにでもなれば自分としても嬉しいことです。あちこち行っていれば、また美味しいものにも出会えるでしょうし、そんなことも含めて色々と紹介できるものを探していきたいと思ってます。

 

ちなみに今こうしてゆったりと文章を書けているのは、仙台で予定されていた広島VS楽天の試合が中止になったからで、もし試合があって最近の傾向の通りカープが負けていたら、今頃飲んだくれて寝ていたかもしれません。

それでは明日から新しい発見を求めて、前向きな毎日を送るために今日はもう寝ることといたします。