「凡の風」というラーメン店に行った感想(あくまで個人的)

私、塩ラーメンが大好きなのですが、一口に塩ラーメンと言っても最近は幅が広すぎて中々単純ではありません。豚骨ラーメンのお店に行っても塩・醤油・味噌とあるわけですから、分類をもっと細かくしなければなりません。

私大好きなのは「鶏がらスープの澄んだ塩ラーメン」ですので、当然豚骨系はそのエリアからは外れますし、家系などは全くお話になりません。とは言え、豚骨も家系も嫌いではありませんし、むしろたまに食べたくはなります。

そんな私が今日行ったのが「凡の風」という食べログでは塩ラーメンが評価の高いお店です。事前にネットで色々と調べていて、ちょっと心配だったのが「鶏がらスープに魚貝系の味」という部分で、行く前から「鶏がらスープだけで勝負できないのか??」と思っておりました。ホントにラーメンって好みが個人個人で全然違う食べ物ですし、だからこそネットでの他人の評価など当てにならないものです。

たまたまなのですが我が家は、っというか我ら夫婦はラーメンの好みが一緒なので、お店チョイスで揉めることはほぼ無く、今回の「凡の風」となりました。

事前に調べていたので行ってからの注文はスムーズに済ませ、私は「中華そば・塩」、妻は「塩ラーメン」をオーダーしました。なんかラーメン屋さんとは思えないようなオシャレな店内で席に着き、ほとんど待たずにお目当ての品がテーブルに運ばれてきました。

f:id:koji44:20190518154920j:plain

中華そば

うん確かに澄んだスープで美味しそうです。先ずはスープを一口頂きました。あらかじめ頭の中で色々想像していた、まさにその通りの味でした。

なんというか、せっかくの鶏がらスープの味が消されているような感じで、これは同じく塩ラーメンで評価の高い「菜々兵衛」とベクトルが全く同じでした。美味しいんですが、私が求めている味ではないのです。まあ、そんな方はいないとは思いますが、これを見て「凡の風」に行かないという選択肢はあり得ないですからね。

お店を後にした後の社内で「もう行かなくていいよね」と夫婦の絆を確かめ、次なる店を考え始める“鶏がらスープ”マニアな我々です。

ただ何度も言いますが「凡の風」さんは非常に良い仕事をされておりますし、皆さん行く機会があったら行くべきだとは思います。ラーメン道は行ってなんぼなんだと思いますし、経験せずにあーだこーだ言うのは最低だとも思っております。あくまで個人的な好き嫌いの話です。

改めて札幌で美味しい「塩ラーメン」を探すことを心に秘めて、全く参考にならない感想を終えさせていただきます。