広島カープ久しぶりの痛快逆転劇

昨日の広島VSヤクルトの試合は年の中で数試合あるか・・・いや無いかもというくらいの逆転劇でサヨナラ勝利を収めました。

7回が終了した時点で2対7。8回に“主砲”鈴木誠也のホームランが出るも4点のビハインドでしたし、見ていても試合の流れが良くない今年よく見られた展開だったため半ば諦めの気持ちがありました。試合時間も長く普段なら「もう寝ようかな」と思っていたとことでしたが、なにかしら予感めいたものがあったのか観戦を続けました。

迎えた9回裏、1アウトから菊池のヒットから始まり相手エラーの幸運もありましたが鈴木誠也のタイムリーや、磯村のタイムリーなどで1点差まで詰め寄りました。安部がいい当たりでしたが3塁ライナーで倒れ迎えるは田中広輔。今季ここまで絶不調の彼に期待できるのか・・・。この場面で田中広輔は四球をもぎ取ってくれました。そう、自分で決めなくても後ろにつなぐというカープ野球の真骨頂です。不調なうえにそれでもフル出場を続けていた田中広輔には一部カープファンからも疑問の声が上がっていて、そのような雑音に彼も苦しんでいたと思いますが、いま出来る最低限の仕事をやってくれました。2アウト満塁となり代打小窪。ここでも粘りフルカウントから四球を選び遂に土壇場で追いつきました。一打サヨナラのこの場面でこの回2度目のアウトになった野間はご愛嬌ということで。

同点で延長戦に突入したのですが、この段階ではまだ不安がありました。心の中で「ここから負けたりしたら最悪だし引きずるよな」と思っていて、10回表中崎がランナーを出しながらも何とか0点に抑えホッとして裏の攻撃を迎えました。ここでは完全に予感(願望?)がありました。誠也がやってくれると。

ランナー一人を置いてフルカウントからの6球目。カキーーン!!。見事なサヨナラホームランでしたし、やっぱり持ってる男でした。

広島から遠く離れた北海道からですが、思いが届いたのだと勝手に信じております。こうして応援しているチームの試合をテレビですが観戦し応援し、そのプレーに一喜一憂する時間というのは自分にとっては大事な時間で、その瞬間というのは一時的にせよ嫌なことを考えずに済みます。いつもは超早寝するおっさんが4時間を超える試合を応援し、ちょっとだけ体力を消耗しても広島が勝ってくれて元気が湧きます。

ヤクルトファンにとっては悪夢のような試合だったでしょうが、長い試合の応援お疲れさまでした。今日からみんな頑張りましょう。