人間、あまり期待しすぎて裏切られるとダメージがでかいのですが・・・

久しぶりに逆転のカープを目にしました、昨日。そこに至るまでは今期何度も見せられた煮え切らない試合展開でした。8回裏、巨人に移籍した丸に勝ち越し2ランをくらった時には正直「あーあ、今日も負けか」と思いましたが、9回表にツーアウトから菊池の同点打。一打逆転のチャンスで打席に立ったのは石原。石原には大変申し訳ないのですが、打ってくれるとは全然期待しておりませんでした。

恐らく一軍の野手の中でバッティングに関しては一番期待できないだろう(と私は思っている)石原がここぞの場面で逆転打を打ってくれました。この期待してないときにそれを裏切ってくれる一打。もう最高でした。

ここまで最下位を独走しているカープですが、見ていて期待を裏切られる場面が多すぎて心も萎えていたのですが、昨日の石原の殊勲打を見て過度の期待はせず、平常心でカープの試合を見ていたほうが精神衛生上良いのだと思いました。

仕事や日常生活に関しても同じだと思いますが、全て期待をするなというのは無理です。ただ冷静に考えて期待をしていいものと、そりゃ無理だろというものは区別することはできますし、ちょっとした気の持ちようで少しは平穏な心で日常生活を過ごすことができます。

昨日に引き続いて今日も気温が高いようです。中年の汗っかきには少々きついのですが、2日仕事を頑張って良い週末を迎えられるよう「ちょっと期待」して過ごしていきたいと思います。