3番の穴を埋めるという発想をそろそろ変えたほうが良いのでは・・・と思う

もう開幕まで2週間を切りスタメンもそれを見据えたオーダーになる時期ですが、今年に関しては丸の抜けた3番がぽっかり穴の開いたような状態が続いています。

確かに3連覇中はほぼ"タナキクマル”が固定され機能していたのですが、丸が抜けた今"タナキク※※”という並びに固執するのは如何なものかと思うのですが、オープン戦では西川や坂倉をそこへ当てはめようとして上手くいっておりません。そりゃ出塁率が4割をはるかに超え、昨年にいたっては39本もホームランを打った穴が簡単に埋まるわけもなく、逆にそこえ起用される選手が意識するあまりその個性が死んでしまうのではと心配になります。

なんかこのまま開幕を迎えてしまうと4年前の「打線が機能しないまま各打者不調」みたいな悪夢が蘇り、意外と今年カープがつまづくとしたらこの点になってしまうかもしれません。去年のベイスターズを見たらよく分かるのですが、個人の数字と打線としての結果が必ずしも一致するわけではなく、ここ3年カープの強さの源泉であった「繋がる打線」が4連覇のキーポイントになることは間違いありません。

4番誠也も含めシャッフルして1試合くらい冒険でもして欲しいし、その中から光を見出してください。だって少なくとも3~4年前は誠也でさえ「ちょっと期待の若手」だったわけで、常勝チームゆえの難しさは重々承知の上、思い切った起用と我慢をお願いします。

今日のオリックス戦はまた生中継がないのですが、想像の中で応援しております。