不安と期待が入り混じった試合結果でした

今年初のオープン戦。横浜との対戦でしたが、今日も3番坂倉。相当期待されているのでしょうが、今日見た限りなんか力みを感じました。そりゃ力むなと言っても無理な状況ですが、結果が出だしたらポンポン行きそうな予感がしました。ただ守備がやば過ぎで、ピッチャーKJなら切れてんじゃないのってくらいでしたね。

主力選手はまだ開幕へ向けた調整段階なのでしょうから、大瀬良の投球は課題が見つかって良かったのではないでしょうか。制球もまだまだでしたがこれから調子を上げてくれるでしょう。

2番手で登板した床田は期待が高まりました。何といっても四球で崩れるタイプではないというのが大きい。最近の広島投手陣は今日投げた矢崎をはじめ、岡田・薮田など突如ストライクが入らなくなり勝手に自滅する投手が目立っていただけに、今日の投球は期待値がかなり上がりました。あとは経験でしょうね。

一方野手陣に目を移せば結構安打は出ていたので、調整は上手くいっている印象を受けました。メヒアはもしかしたらバティスタを追いやるかもしれません。見ていた印象では打席の中で上手く微調整できている感じで、相変わらずブンブン振っているバティスタより安定した結果を残すかもしれません。

しかし今日何といっても興奮させてくれたのが小園くんでした。途中交代で出場したのですが、さっそく飛んできたゴロを難なくさばき、見ているこっちも一安心。その後も超無難に守備しつつ9回表の打席で大人げなく連続して決め球シンカーを投げるヤマヤスからレフトへヒットを打ちました。本当に期待が高まりましたし、もしかしたら開幕一軍もあるかもと絶頂です。小園くんにとっては1軍で見ているより2軍での実戦経験の方がためになるのかもしれませんが、今日の堂々としたプレーは無限の可能性を感じさせてくれました。

ともあれ何度も言いますがケガだけは気を付けてください、皆様。