こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

何故か来年以降の悲観論が出ている件

丸の件はもはや良いとして、来年以降も主力選手のFA権取得が相次ぐことから悲観論があちこちで散見されます。今までの経緯からして強奪される前提の思考なのでしょうが、はたしてそうなるのでしょうか?

来年は菊池・曾澤・野村・今村がFA権を取得し、その翌年には広輔、さらに・・・と続くのですが果たして何人が出て行っちゃうのか。仮に出ていったとしても球界全体に広がりつつある育成しながら勝つという先鞭をつけたカープが揺るぐはずはないと断言しておきましょう。まあ、そのための試金石が来シーズンなのでしょう。来シーズンもカープが地力・底力を発揮して優勝し、なおかつ丸を強奪した巨人が苦杯をなめたならば、この状況で勝利を勝ち取ったカープ選手に賞賛が集まり、結果として「金だけじゃない」という世論と認識が広がると思うわけです。希望的観測ですが。

世の中一寸先は闇、いや光。もしかしたらSB柳田の男気移籍や、勝利の渇望にあふれた選手の加入などで更なる黄金期が来るやもしれません。やはり勝つというのは(チームの雰囲気もですが)金の力に勝つ最善の対抗策なのかもしれません。

鈴木本部長様、落ち始めたら一瞬ですので、出すところは出すというメリハリの利いた計画をお願いします。いやホントに。