契約更改

オフシーズンとなり選手の契約更改が粛々と進んでおります。

まあまだ主力級の更改はまだなのですが、最近のFAバブルに全く踊らされることなく相変わらずシブい感じがしてますね。さすが広島カープ。ただ我が道をいくこのやり方が将来続けていけるのちょっと心配です。もし丸が巨人へ5年35億などという金額で移籍し、「じゃーバランスとるために坂本も菅野も上げようか」となった場合、同じ成績を残しても球団ごとに格差が広がっていき、結果としてバブル年俸に追随するか、はたまたドラフト時に「給料安いから行きたくない」という流れになってしますか・・・どうなんでしょう。

子供のころオフシーズンになって契約更改がはじまると、当時のスタープレイヤー“山本浩二”でさえ8500万とかだった(確か)ことを考えると当時が安かったのか、今が高いのか随分と変わりましたよね。なにせ落合が初めて1億の大台になったことで大騒ぎでしたから。

3連覇を果たし、ファンとしては絶頂期なのかもしれませんが、来年以降も主力選手のFAが続くので大いなる心配が脳裏をよぎってしまいます。