エルドレッド退団

エルドレッドと来季契約しないことが発表されました。残念です。

シーズン中からそうなってしまうんだろうなあ・・・と、誰もがうすうす感じていたことですが、いざ現実となると非常に寂しい思いがします。彼が入団した当時は野村謙二郎監督時代で、まだ暗黒期にあえいでいたころでした。来日2年目まで出場試合も60数試合程度にとどまり成績も微妙な感じだったのですが、パワーは一流でした。これはよく知られた話なのですが、退団濃厚だったエルドレッドをノムケン監督が残留を強く要望して3年目以降もプレーしました。この話だけでも「ノムケン有能」と思いますが、118試合の出場にもかかわらず37本塁打でホームラン王になりました。結局3年目のこの試合数が最多の出場となってしまい、それ以降はケガや不振などであまり出場機会に恵まれませんでした。

しかしそんな中でも印象に残る本塁打を多く放ち、なによりその人柄で多くのファンに愛される存在でした。あの巨漢でママチャリを操り、広島市内を闊歩するなんてお茶目ですよね。

今後の去就が気になりますが、何かしら広島カープに関わっていって欲しいものです。