カープ、白星発進

いやー快勝でした。カープが試合をしたのは久しぶりだったし、ペナント終盤はどうも不調な試合が続いていたので、見ていて気持ちのいい試合展開でした。

まずは大瀬良の投球ですが、彼の成長が見て取れた内容だったと思います。当然技術的な成長もあるのでしょうが、それより今年一年先発陣の中心としてやりきった自信が大きいのではないのでしょうか。6回に迎えた満塁のピンチでの続投は緒方監督の信頼の表れであり、日本シリーズまで大瀬良がやってもらわねば困るというメッセージでしょう。でも失投も結構ありましたけどね。

打線も強い時の「つながり」があり一安心でした。とくにペナント終盤不調だった丸・誠也に一発がでたのが大きいです。贅沢を言うならば誠也の3打席目は恐らく打ちそこないで、もう一本打てたのではないでしょうか。しかし1点先制してから膠着状態になりかけの重苦しい中、流れを引き寄せる豪快なホームランは見事でした。やはり誠也は持っていますね。

今日の先発はジョンソン。なので打線に石原が入るというハンデがありますが、勢いこのままにCS突破へ大手をかけちゃってください。