こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

「うどん県」のネトゲ等規制について・・・アホらし過ぎる

休み前日のウキウキで夜更かしをしていた妻を横目に、昨日も早寝をして土曜日の朝を迎えました。

 

睡眠時間は十分です。さて3連休何をしようかと言いたいところですが、今日も半ドン勤務で仕事があります。入って2か月ほどの会社なので今はとやかく言えませんが、遠からず「働き方改革」をしたいと思っています。

 

香川県の「ネトゲ依存症対策条例」について

香川県に限らないのでしょうが、地方議会の議員さんって暇なんでしょうか。もっと他にやるべきことは無いのですかね?

 

素案は検討委のこれまでの議論などを踏まえて作成された。20条からなり、県や学校、保護者の責務などを明示し、ゲーム事業者にも協力を呼び掛ける内容。子供のスマホなどの使用は1日1時間(休日は90分)を上限とし、小中学生以下は午後9時、それ以外は同10時以降の使用をやめるよう求める。罰則規定はない。 

引用:「18歳未満はスマホ1日1時間」 香川県がゲーム依存対策条例素案 「実効性は?」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

ゲームだけではなく、世の中いろんな「依存症」がありますが、こんなことを県が規制するのって変じゃないですか。

 

こんなもん個人的なことか、もしくは親子間で「じゃゲームは2時間以内ね」と約束するレベルの話であって、地方自治体が規制する話じゃないでしょ。

いずれ新しい「ドラゴンクエスト」が発売された時、香川県の子供たちはクリアするのに3か月も要してしまうのでしょうか。可哀想ですね。

 

酒にしてもそうなのですが、確かに自制できなくなったら何らかの対処は必要でしょう。しかしそれも個人の問題であって、自治体からとやかく規制される筋合いのものではありません。

 

まったくもってアホらしい話です。

 

f:id:koji44:20200111060033j:plain

 

明日は久しぶりの「超プチ遠出」

良く考えてみたら、年末年始は自宅から2キロ圏をほとんど出ず、唯一「三井アウトレット」へ行ったのが一番の遠出でした。

 

明日は妻の免許更新のため市内ですが手稲まで行ってきます。札幌を知らない人にはピンとこないかもしれませんが、札幌市の北西の端っこです。

 

普段はそちら方面に行くことはありませんし、必要もないのですが、せっかくなので手稲地区の美味しいお店を探してみようと思ってます。

 

私も今年免許更新があるのですが、残念ながら2年前にスピード違反で検挙され、更新は手稲で2時間講習になってしまいます。

北海道警察による「卑怯な検挙の仕方」については色々物申したいのですが、それは今は控えましょう。

 

ちなみに手稲まで行ったら、その気になれば「小樽」はすぐそこです。さすがに冬の小樽へ行ってもなぁーと思いますが、妻と相談し充実した「明日」にしたいと思ってます。

 

f:id:koji44:20200111062941j:plain

 

 

せっかくの連休なのですが、明日は全国的に天気がよろしくないみたいで、少し残念です。ただ年末年始の「休みボケ」を引きずっている人も多いでしょうし、ここで体制を立て直して来週から元気になりましょう。

 

私はボケながらも今日で7連勤です。・・・頑張ります。

ニュースで見た「人が消えた函館駅前」

昨日帰ってきてテレビをつけると「駅前から消えた地元民はどこへ?」と、故郷函館のことを取り上げていました。

典型的な「衰退する地方都市の駅前」なわけですが、昔を知る身としては寂しいかぎりです。

 

以前は「函館駅前」といえば商業の中心地だったのですが、典型的な「ドーナツ化現象」で今は買い物をする場所ではなくなった・・・みたいです。

「みたいです」というのも変なのですが、函館を離れて長いので、たまに帰省した時の印象です。

 

しかし人が郊外へ移っただけではなく、人口減少のペースもヤバいので、今後どうなっていくのか心配ではあります。

かつての輝きはどこへ行ってしまったのか。

 

f:id:koji44:20200110060458j:plain

 

住むためには仕事がなければならないのですが、ホントにろくな仕事がないのが痛いポイントです。

これは函館だけの問題ではないのでしょうが、仕事がないか賃金が低いため人口が流出し、結果市場が縮小して更に仕事が減るという悪循環です。

 

それでも函館がまだ恵まれているのは「観光資源」が多いことで、たまに帰省した時も観光客でにぎわってます、一見。

しかしそれは観光ポイントだけのことで、地元民しか行かないような場所を通ると人が歩いていません。高齢化も相当進んでいるでしょう。

 

これから日本の人口は加速度的に減っていき、今まで経験したことのない局面を迎えるわけですが、衰退するのを見守るしかないのでしょうか。

いや何かあるはずです。

 

 

金曜日の朝に「何が出来るか」を考えても良いアイディアが浮かびません。これについては別に考えるとします。

なにせ考えて今頭に浮かんでいるのは「ラッキーピエロハンバーガー」なんです。

 

ホント、使えねーな!俺。

 

今日で「正月の残骸」とお別れし、普段通りの生活に戻ります

年末年始に家でダラダラ過ごす「寝正月」を送っているとゴミがあり得ないくらい溜まり、今日の「ビン・缶・ペットボトル」のゴミ出しでようやくキレイになります。

 

このゴミの量を見ると、やはり資源を浪費している現代生活を実感しますが、それによって享受している利便性を辞められるかと問われると、正直難しいことです。

 

ともあれ、正月休みの"残骸"が今日で無くなり、いよいよ日常が戻った・・・と、勝手に解釈しています。

 

雪は無いけどやはり寒い朝です

毎朝5時に起床していますが、起きた時の室温がこの1か月ほどで2~3度ほど下がっています。さすがに凍えるような寒さではないのですが、キーボードをたたく指先が冷たくなります。

 

それでも今から13年ほど前に住んでいた"超古い"木造アパートの「室温2℃」という記録を考えると、いまの生活はまだまだ天国です。

 

こんな事を考えているとドラマ「北の国から」の"五郎さんの生活"って過酷だったと思います。まあドラマですが。

でも開拓期はそんな暮らしでよく頑張ってくれたと、ホントに感心致します。

 

それから考えると、実は今の北海道民は寒さに弱いのだと思ってます。よく言われることですが「北海道では真冬に暖房の効いた暑い部屋でアイスを食べてる」は本当です。

しかも外は寒いし雪は降るし、あまり外に出たくありません。

 

そんな生活をしていたら寒さへの耐性は下がっていきます。しかも「暑さにも弱い」となると、実は北海道でしか暮らせないのかもしれません。

 

ともあれ暖房の力を借りながら、この冬を乗り切らねばならないのです。

 

f:id:koji44:20200109063141j:plain

 

 

一昔前までは冬の火事が多かったような気がしますが、暖房機器の安全性も向上し、随分と火事が減ったような気がします。

 

しかし「地震・雷・家事・オヤジ」というように、気をつけなければならない対象なので、油断しないよう気をつけましょう。

 

今日は木曜日です。リーマンにとっての「週のゴール」はすぐそこです。私も頑張ります。