こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

昔の記憶が美化されがちな件・・・

今年から来年にかけての年末年始ですが、今回は曜日の並びが素晴らしく、けっこうな連休になる方が多いと思います。

私も9連休(もしかしたら8.5連休)になりそうですが、昨日妻から「お正月、どれくらいお酒いる?」と聞かれ即答できませんでした。なぜなら「寝正月」みたいな過ごし方なら、とんでもない量のお酒を飲んでしまうからです。

 

ただ9連休全てではないにしろ、少しは気を抜いた正月を過ごしたいとは思います。考えてみると、もし無職のまま年末を迎えていたら惨めな正月を迎えていて、時間があることが逆に苦痛となっていたでしょう。ああ、よかった。

 

昔の記憶が美化されがちな現象

子供のころ食べて「すごく美味しい」と思っていたものが、大人になって食べてみると意外と大したことなかったり、カッコいいと思っていたものが今見るとダサかったり、こんな経験ないでしょうか?

そんな思いをするたびに「良い記憶のまま蓋をしておけば良かった」と思います。確かに食べ物に関して言うと、味覚の変化もあるし、食の経験値も増えていますから、分からないでもありません。

ただ「美化現象」はそれだけの理由ではないと思うのですが・・・どうなんでしょう。

 

ところが今朝ネットを見ていたら「昔の方が良かった」ものがありました。ホンダの車で「シティ(CITY)」とい車種なんですが、1981年に登場し一世を風靡しました。そのテレビCMも話題になったものです。

 

www.youtube.com

初代が強烈過ぎて続かなかった典型的なパターンでしたが、2台目が1994年に販売を終了し日本市場では幕を閉じました。

実は私も不勉強で知らなかったのですが、海外向け小型セダンで「CITY」の名が続いていたんですね。そしてその5代目が昨日発表になったのですが、見た瞬間「これはシティじゃない」と思いました。昔の方が良かった・・・。

 

日本の、特に自動車メーカーでよく見られるのですが、この「CITY」のようにネーミングというか「商品名」を雑に扱いすぎじゃないでしょうか。

どうか昔の夢を壊さないでください、ホンダさん。

f:id:koji44:20191126071814j:plain

 

核兵器のない世界は実現するのか

フランシスコ教皇(法王)が長崎や広島を訪れてくださり、世界に向け核兵器の廃絶を訴えられました。

このテーマは重くて深いので掘り下げませんが、実際にそんな世の中は実現するのでしょうか。現実的には難しいですよね。

だって核兵器を持っている、もしくは核兵器を持っている可能性のある国々を思い浮かべてください。まあ無理ですよね。

しかし核兵器は無いに越したことはありませんし、訴え続けることは無意味ではないでしょう。もしかして核兵器と言うのは「神の領域」なんでしょうかね。

この度の来日を含め、教皇様ホントにお疲れさまでした。

f:id:koji44:20191126073242j:plain

 

私も北の大地で寒さに震えながら、世界平和を祈っております。

 

 

モンハンのニュースで笑ってしまった早朝

月曜の早朝を迎えてしまいましたが、朝からネットで「モンスターハンター」のニュースと動画を見て笑ってしまいました。

プレイしたことがなかったり、そもそもモンハンに興味がない方にはどうでもイイ話なんでしょうが、モンハンとバイオハザードのコラボ企画を紹介する生放送で事故ったようで、分かる人にはツボにはまる内容でした。

なんか本当の事故や事件を見ず、こんなので笑っている朝って平和だな・・・と、思いました。

 

いい歳して※※※をしてるなんて!・・・って、どうなんでしょう?

年齢を重ねていき、自分がいい歳になってくると、若い頃イメージしていた「おじさん」のイメージと現在の自分が随分と違うものだと思う人は多いのではないでしょうか。

若い頃に見ていたころは30代の人ですら「大人」で、若い子のような感性は無いと思い込んでいました。ところが自分が30代40代と年齢を重ねてみると、それほど感性が変わらず、昔イメージしたような「大人」になっていないことに驚きます。

最近は昔に比べて少ないのでしょうが、それでも「いい歳してゲームをしてるなんて」のような世間の圧力を感じます。

ゲームだけではなく、主に子供がやるものと認識されがちなものが該当しますが、そんな枠をはめることに意味はあるのか?と、いまだにゲームを楽しむ身としては思います。

最近は家庭の事情や、時間的な制約などで中々プレイできませんが、それが許せばモンハンやりてー・・・と思ってます。

まあ、モンハンの場合はプレイしている間、妻をほったらかし状態になってしまうので、難しいのは事実なのですけどね。

www.youtube.com

 

行方不明の小6が無事で良かったですね

大坂で行方不明になり栃木県で発見とは意外な結果でしたが、まずは無事に保護されて良かったと思います。

しかし不思議なのは、この自称派遣社員・伊藤仁士容疑者(35)は何をしたかったのでしょうか?もう一人15歳の少女も保護されましたが、6月から行方不明だった子ですよね。

4か月以上も監禁していたっぽいのですが、この後どこを目指していたのか?

今後の取り調べで分かってくると思いますが、お子さんをお持ちの方々は他人事じゃないでしょうし、スマホで親の知らないコンタクトを取れる状態がどうなのか?再考する必要がありそうですね。

容疑者が一番悪いのは当然なのですが、実際少女も連絡を取り合い、ついて行ってしまったわけですから。続報を待ちましょう。

f:id:koji44:20191125063257j:plain

 

昨日までとうって変わり、札幌は今日から再び寒くなります。最高気温でいうと昨日より-12℃ほどです。気が緩まないように今日からもファイトです。

体調管理が大変な季節ですが、意識を高く乗り切りましょう

日曜日の朝になりましたが、今日は午前中に「Jcom」の機器撤去作業のため、それが終わるまで自宅待機です。

この手の作業依頼って「午前中」とか「午後16時までの間」とか、かなり大雑把な予約しか出来ないので、午前の予約でも11時30分とかに来られたら時間を無駄にした感が大きいです。

果たして今日は午前の何時に来てくれるのか?注目です。

 

車上生活や路上生活の実態とは

なんでこんなことを言い出したかというと、横目で見ていた報道番組で特集されていたからです。

ふと思うと、この1年間で身の振り方を誤っていたら、今頃そうなっていたかもしれません。人間落ちる時には簡単に落ちるものなんです。

テレビで取り上げられていた男性は60歳でしたが、職を失ってから車上生活に至るまでの期間が早いというか、生活保護も受けていなかったようです。

実際に住居を失ってしまうと、生活保護などの行政支援も受けられなくなり、ハローワークに行って求職するにしても難易度が格段に上がるのですね。

 

まだ若いうちは家族も健在で頼る相手がいるケースがほとんどでしょうが、高齢になってくると色んな事情で孤立している人も多く、簡単に世間から孤立してしまうのだと思います。

私もまだ落ちてはいないので、実際のところの実情は分かってはいないのですが、これによる経済損失はバカにならないと思いますし、労働者不足で外国人を入れる論議をする前にやることはあるんじゃないでしょうか。

せっかく導入したマイナンバー、もっと活用したら良いんじゃないでしょうかね。

f:id:koji44:20191124150026j:plain

 

季節の変わり目で体調管理も大変です

北海道だけではなく、全国的に冬に向かっておりますが、どのタイミングで「真冬の衣装」にするか考えるのと同じくらい体調管理も難しいものです。

札幌は今日、謎の最高気温15度という温かさですが、明日の今ころは0℃くらいと差が激しく、それだけで体が疲れてしまいます。

我が家でも妻が一昨日くらいから風邪気味らしく、胃が痛いとか目の周りが痛いとか、体調がすぐれないようです。

それでも今、来週のための作り置きをしてくれていて、私も手伝っています。

季節的なものや疲れなどがあると、よく言う「免疫」が低下した状態になり、風邪をひいたり、インフルエンザなどのウィルスに感染しやすくなります。

 

子供のころは風邪をひくと「学校休める、ラッキー」的な感じでしたが、大人となるとそうもいかないので厄介です。ひどいインフルエンザに感染すると地獄の苦しみです。

きちんと食事をとり、十分な睡眠と、何よりストレスを極力減らすようにしましょう。「そんなもん言われんでも分かっとるわい」と言われそうですが、意識して取り組まないと忘れがちになるのも事実です。

なので令和元年、残り1か月ちょいですが、元気に乗り切りましょう。

f:id:koji44:20191124154708j:plain

 

しかし言ってはみたものの、食事&睡眠はともかくストレス回避は難易度が高く、自分ひとりの努力じゃ限界があります。

とはいえ「俺にストレスを与えるなよ!」などど、周囲の人に言えるわけもないので、とにかく察してもらうしかないのでしょうね。あー、こんなことを考えただけでストレスを感じます。しんど・・・。

 

ささやかでしたが、就職祝いで焼き鳥屋へ行ってきました

今日は久しぶりに7時まで寝てしまいました。一度目が覚めた時は「4時46分」といつもの時間だったのですが、今日は休みなので二度寝したところ7時です。

寝る事だけじゃないのですが、縛られないって気分がいいものです。たとえ結果いつもの5時に起きたとしてもです。

 

話の通じない相手とどう付き合っていくのか?

これ「韓国」のことです。現在の状況をより正しく言うならば、半分は文政権との付き合い方です。今日は朝から日韓軍事情報包括保護協定、いわゆる「GSOMIA」の失効延期がニュースになっています。

恐らく多くの国民がお隣の国に関し呆れていると思うのですが、なにより驚くのがここに至るまで、日本側の主張や行動は一貫しているのに、それに対する韓国の反応がいちいち話がかみ合ってないことです。

少なくとも前任の朴さんのときは、終始日本の悪口を世界各地で言いまわっていましたが、話はまだ通じたほうだと思います。ところが今の文さんは正真正銘のアホなんでしょうか?

そこに持ってきてなお厄介なのが、あの国の国民の多くが嘘の歴史を教えられ、それを真実だと思い込んでいるようなので、より一層事態解決を難しくしています。

ホント教育って大事なんですね。日本の教育界も長年思想の偏ったグループが現場を牛耳っていましたが、幸いなことに嘘を教えることはなかったと思います。

 

人生においても話の通じない人と関係することがありますが、人と人の関係ならば「付き合わない」で済むのですが、国は引っ越すこともできないので大変です。

お互いが同じ土俵で話し合えるようになりまで、まだまだけっこうな年月を要しそうです。

f:id:koji44:20191123133414j:plain

 

「串鳥」にて、ささやかな就職祝い

昨日は日中は比較的気温が上がったのですが、やはり日が落ちると途端に寒くなります。夕飯の予定が決まってなかったこともあり、一応の就職祝いを兼ねて「串鳥」へ行ってきました。

最初は「ジャンボ焼き鳥つかさ」というお店に行ったのですが、満席で入ることが叶わず、やむを得ず「串鳥」へ行きました。

就職祝いで串鳥というのもなんですが、なんか小さなことでも"区切り"が欲しかったので、良かったです。

かなり腹が減っていたこともあり、いつも食べている焼き鳥でしたが、ハイボールを飲みながら美味しくいただきました。

 

本来は人のことなど気にしてられる立場ではないのかもしれませんが、このような場所に行くと来店している人たちに目が行ってしまいます。私の右隣と、さらにその右隣の2名は独りで来店しており、当然会話もない中黙々と焼き鳥を食べ、お酒を飲んでいました。

世の中「お一人様」が全然平気な人もいるんでしょうが、私にはこのシチュエーションは無理です。何度か経験がありますが、それならコンビニでつまみを買って家で飲んでいたほうがリラックスできます。

 

まあ人は人、自分は自分なので、昨日夫婦で行った串鳥の記憶は脳裏に刻んでおこうと思います。

f:id:koji44:20191123135233j:plain

 

今日はこれから、最近停滞気味だったライティングのお仕事をしようと思います。これも「義務感」が強くなりすぎると辛いので、楽しみながら進めていきます。

 なんか家の中にいると日差しも眠気を誘いそうですが、まあ頑張りましょう。

今日は金曜日。ということは明日はお休みです。

「花金」というのはもう死語なんでしょうね。昔は「今日は花金だし飲みに行こう」などという言葉が周囲で聞かれたものですが、今はどんな会話がされているのでしょうか。

 

久しぶりの"花金(死語)"なんです

先週から仕事にありつけたのですが、土曜日に半ドンとはいえ仕事だったり、日曜日にヘッドハンターと会ったり、どうも「休んだ感」のない1週間でした。

しかし今週は予定もなく、明日は完全なお休みなので、妙な高揚感に包まれています。っていうか、2週間前には毎日お休みだったのに、人って置かれた境遇でこんなにも気持ちが変化するんですね。

だからといって何か変わったことをするわけでもなく、いま考えられることといえば目覚まし時計を止めて寝られることくらいです。

きっと今日も早寝してしまいそうなのですが、歳をとってくると一度崩したリズムを取り戻すのも大変なんです。

 

職場がススキノにあるので、6時に仕事を終え帰る私と、「花金」で生き生きとした表情でススキノに繰り出してくるサラリーマンと交差します。

疲れた私は「明日は休みだから、みんな今夜は楽しんでね」と心の中でつぶやき、やはり「花金」とは無縁の人たちとともに地下鉄に乗り込むのでしょう。

あっ!別に寂しくも悔しくもないですからね・・・。

f:id:koji44:20191122062317j:plain

 

今日から「親謁の儀」のため天皇陛下伊勢神宮を参拝されます

天皇陛下伊勢神宮ご参拝とは直接関係はないのですが、ふと一度だけ訪れた伊勢神宮を思い出しました。

その時は度々行っていた「京都旅行」の途中だったこともあり、あの広大な伊勢神宮の全てを見られたわけではありません。「内宮」のみです。

あの時の京都旅行は非常に記憶に残る旅で、その理由も「東日本大震災」の翌週に行ったからです。当たり前ですが、飛行機やホテルの予約はかなり前にしていたので一瞬躊躇はしましたが、「震災後こそ消費しよう」と自分に言い聞かせ旅行へ行きました。

 

内宮の主要なところしか見ていないのですが、何と言うか「気」を感じました。数年前に「パワースポット」なんてものが流行ってましたが、伊勢神宮は本物でした(個人の主観ですが・・・)。

思い出したら行きたくなってきます。今度行く機会があったら、じっくり全体を見ようと思いますが、肝心の「その機会」がいつ訪れるのか。

興味ない人は仕方ないのですが、伊勢神宮はある意味「日本の原点」の重要な場所なので、一度は行ってみたほうが良いと思います。

f:id:koji44:20191122073436j:plain

 

 仕事前から仕事終わりのことを考えると、これから行くのが面倒になりますが、天気も良さそうですし気合を入れましょう。

ではでは皆様良い週末を。

早寝早起きの生活

今回の冷え込みは今日までのようで、明日からは少し身も心も緩む数日間になりそうです。この寒さがなければ札幌は非常に住みやすい街ではあるのですが、この特徴を含んでの札幌ですから仕方ないですね。

 

いつから早寝に抵抗感がなくなったのだろうか?

昨日も夜9時半にベッドへ入り就寝しました。一昔前は考えられなかったのですが、今ではすっかり早寝早起きの爺さんです。

若い頃は「早寝をしたら時間がもったいない」という謎の強迫観念があって、ほとんど日付が変わるまで起きていたのが、いつから早寝に抵抗感がなくなったのか。

ただ睡眠時間が昔より増えているかというと、別にそんなわけでもなく、睡眠時間帯がスライドしているだけなので、単に気分の問題なんだろうとは思います。

今は毎朝5時に起床し、優雅(?)にコーヒーを飲みながらパソコンに向かってます。これは週末でもほぼ同じで、休日でも早く起きてます。

妻は私より若いせいか休日前はコーヒー飲料を買い、張り切って夜更かしをしていますが、そんな妻を横目に私は早寝です。

自分の時間をどこに設定するかの問題なので、人に早起きをお勧めはしないのですが、自分に合うか合わないか?試す価値はあると思います。

f:id:koji44:20191121062002j:plain

 

落下してきた鉄パイプに命を絶たれる不幸

和歌山で落下してきた鉄パイプが当たってしまい、26歳の銀行員の男性が命を落としてしまいましたが、ホントに可哀そうというか、工事していた連中はアホだろ。

というのも、事故の4日前にも鉄パイプを落としていたというではありませんか。普通じゃありませんよね。

札幌でも数年前に「札幌かに本家」の看板が落下し女性を直撃する事故がありましたが、その後意識不明になった女性はどうなったのか?続報を見ていませんでした。

その事故のあと、私も上を見ながら街を歩いていたものですが、そんなこといつまでも続けられるわけもなく、今は普通に歩いております。

今回の事故、いや事件かもしれませんが、今後同じようなことが起きないように、強制力のある再発防止策を考えて欲しいものです。

f:id:koji44:20191121063054j:plain

 

あと2日仕事をするとお休みで、この感覚は久しぶりです。きっと慣れたらどうとも思わなくなるのでしょうが、そうならないよう気を引き締めます。

38年ぶりにローマ法王が来日されることに関して

ここ数日、人生って面白いし分からないなぁ~っと思ってます。つい2週間前まで「完全無欠の無職」だったのが、面接を受けてからの1日体験をし、先週からお試し風で働き始めたのが、今週になって手ごたえを感じるまでになりました。

まだまだ油断はできませんが、手を抜くことなく力を発揮していこうと思います。

 

ローマ法王「フランシスコ」さんが来日されるそうですが・・・

日本人の大多数が「信心深くない」と思いますが、私も特に宗教に興味があるわけでも、信心深いわけでもなく、ごくごく一般的な日本人のありようだと思っています。

そんな私なので今回ローマ法王が来日されると知っても、特になにも感じなかったのですが、ちょっと調べてみて"イエズス会"出身という文字を見て、俄然興味が湧きました。

というのも、私は「織田信長」が好きで、その時代を見ていくと度々"イエズス会"が出てきます。それほど興味の無い方でも「フランシスコ・ザビエル」という名前は見たことがあると思います。

f:id:koji44:20191119210915j:plain

このザビエルさんは織田信長との絡みはないのですが、ザビエル後に来日した「ルイス・フロイス」は織田信長豊臣秀吉とも謁見し、また「日本史」などの著作を残していて、当時を知る第一級の資料です。

当り前に、この「日本史」を日本語訳でしか読んだことがありませんが、例えば織田信長が本能寺で明智光秀の謀反で死んだ後の記述は「我らが知っていることは、その声だけでなく、その名だけで万人を戦慄せしめていた人間が、毛髪と言わず骨と言わず灰塵に化さざるものは一つもなくなり、彼のものとしては地上に何ら残存しなかったということである」とあり、記述がドラマティックです。

北海道は読書の秋も終わり、外を見ると冬なんですが、興味があったら読んでみると新しい発見があると思います。

 

小さな幸せ

昨日の仕事帰り、自分と妻へのお土産としてミスドを買いました。たかが473円とはいえ、小遣い制へ移行してからは財布の紐も固くなり、あまりのケチさに「カネゴン」とまで言われた身にとっては大きな出費です。

次の収入日と残高を考えながら、ミスタードーナツの前でしばし悩みました。周囲から見たら「あのオッサン、なにやってんだ?」と思われたかもしれません。

しかし何と言うか、買って帰りながら妻が喜んでくれる姿を想像していると、ホント幸せな気持ちになれました。他人から見たら小さいことかもしれませんが、こんな出来事も悪くはありません。

今は妻の方が仕事から帰ってくる時間が遅く、晩ご飯の支度は私のお役目なのですが、用意している最中に妻が帰ってきたら、妻もスイーツを買ってきてくてて、お互いの気遣いに感謝です。

しばらくは楽ではない生活が続きそうですが、なんとか這い上がって、もっと幸せになろうと思いました。

f:id:koji44:20191120060720j:plain

 

深まりつつある冬の中、体は寒いのは物理的に仕方ないのですが、少なくとも心は寒くならないよう、相手を思いやる気持ちを忘れないようにしたいですね。