人生はいつまでやり直しがきくのか?

こんな言葉は適当ではないのでしょうが、「自由の身」になって初めての週末を過ごしています。当たり前ですが、まだ曜日の感覚はあり日曜日の朝だと分かっているのですが、つい先週まで「明日から仕事か・・・」という感覚だけがなくなっただけで変な気持ちではあります。

ただ来週から仕事を探したり、副業をしたり、アルバイトを探したりと、やることはいっぱいあるので、ある意味今までのようにONとOFFを上手く切り替えられるのか気にはなります。

普通に考えたら人生も半ばを過ぎ、このような境遇になってどこまで這い上がることができるのか?ゲームではなくリアルな挑戦となります。

いま改めて考えているのは、妙な自信・・・いや過信でしょう。それを脱ぎ捨てなければ、それが足かせになるのかもということで、15年前に人生をリセットした工場勤務のあのころを思い出し、走れないかもしれませんが確実に歩を進めていこうと思います。

 

歴史を見るとどん底から這い上がった偉人たちの物語がありますが、成功した人間はほんの一握りです。名もなき数多の人たちがそのまま転落していったことでしょう。

ただ悲観しているだけでは始まりません。これを最後の機会と思って頑張ります。

 

思い詰めていてもしょうがないので、ふと社会の目を向けると、来週から消費税が10%になりますね。過去の消費税率引き上げ時の傾向から考えて、どうやっても景気悪化が避けられないのでしょうが、どうなっていくのでしょうか?

景気悪化と(使える)人手不足で、いよいよ中小企業の淘汰が本格的になるのかもしれません。とくにバブル崩壊後のデフレ時代の感覚が抜けない、ある意味無駄に生き延びてしまった経営者は退場を迫られるでしょう。

業績が上がらない⇒給料を上げられない⇒人が去る⇒業績が上がらない・・・といった負のループからは簡単には抜けられません。

問題は経営者の退場の巻き添えをくらう労働者です。そのような世の中になると、ちょっとした労働者の流動化がおきるので、そこでどうやって生き残るかが労働者にとって大事な時代になるでしょう。

悪いことは言いません。自己研鑽に努めましょう。今からでも間に合うのです。

 

なんて人のことを心配している場合じゃないのですが、よく「ピンチの時ほどチャンスがある」と言うので、それを信じて頑張りましょう。

f:id:koji44:20190929075149j:plain

青空カフェラッテさんによる写真ACからの写真

 

いい年してからの就職活動

先日会社を辞めることとなり、いい歳した就職チャレンジを始めました。

いろいろ求人情報を見ているのですが、改めて「若いって素晴らしい」と素直に思いました。そりゃ採用する側だって、若くて可能性のあり、しかも少ないコストで人を採用したいですものね。そちら側の気持ちも分かるだけに、けっこうな悲壮感をもって取り組み始めてます。

若い時であれば職種を変えることもありなのですが、さすがに半世紀も生きていれば、そんな無謀な賭けも出来るわけもなく、今まで培ったノウハウと経験を活かせる仕事を探しています。

ただ札幌とはいえ、北海道自体が全国的に見て経済面で脆弱な地方なので、職種や勤務地、条件など絞り込んでいくと、驚くほど求人数が減っていきます。

しかし負けるわけにはいきません。

悲観的な考えに陥ると、就職活動はおろか日ごろの生活にも暗い影が落ちるので、気持ちだけでも前向きになろうと頑張っています。

必ずこの難局を乗り切り、全国の中年たちに希望の光を与えるべく、これからも頑張っていきます。

 

ところで全国でどのくらい同じような境遇の方がいるのか、ふと気になりました。よくバブル後にリストラの嵐が吹き荒れ、家族にも言えずスーツ姿で公園でたたずむお父さんの光景が頭に浮かびました。実際この目で見たことはないのですが、そんな皆さんも頑張りましょう。希望はあるんです。

自動車を所有し運転する喜びについて

昨今、高齢者による自動車を凶器にした事故や、ちょっと頭のいかれた中年層による煽り運転問題など、なにかと自動車が絡むニュースが多いような気がします。

確かに普通車であれば1トンを超える車体で、人にとっては恐ろしい凶器になりうる存在です。なのであれば、それを操作できる資格たる「運転免許証」への認可はもっと厳正に運用すべきだと思います。

一方、当たり前のことですが、人間の能力をはるかに超えたスピードを出して行動できる"道具"であり、デザインを含め魅力が多いアイテムでもあります。

私は北海道の函館市に生まれ育ち、30歳になるまで生活していましたが、函館レベルでは車無しの生活は「厳しい」というのが実感です。いまは札幌に住んでおりますが、やはり車はあったほうが便利ですし、週末の買い物などを考えると自動車なしでは生きていけますが、不便極まりないと思います。

そんな日常のことも大事なのですが、比較的ジジイとなった私からすると、若いころの車に対する情熱というか、運転することの歓びが今の時代風化しているような気がして、それが気になります。

私が運転免許証を手にした平成のはじめころ、なにせ田舎だったので女性とお付き合いするための最低条件が「マイカー」を持っているということと、一様に洗脳されていました。

当時は若者を刺激するいろんな自動車がありましたね。どうでもイイ話なのですが、私が当時一番嫌いだった車が「プレリュード」です。当時付き合っていた女性の前の彼氏が乗っていたそうで、それを聞いた瞬間嫌いになりました。

f:id:koji44:20190924180641j:plain

あのころは貧乏で(今でもそうかも・・・)、車を買うとそれ以外の余裕がなかったです。

それでもガソリン代とローンに稼ぎをぶち込み、夜の道を走っていたあの頃が無性に懐かしくなります。

ホントかどうか分かりませんが、今の若者(←と言っている時点でジジイですが)は自動車に興味があまりないようですね。たしかに東京などでは駐車場含め維持費が半端ないので分かりますが、地方でもそうなんでしょうか?

いまはジジイとなり、山間部を激しく攻める運転などできませんが、それでも心に余裕があると「インサイドアウト」みたいなラインでカーブをすり抜け、これはこれで楽しいもんです。

よく聞く話では、小さい子供のいる家庭では必然的に「ミニバン」という選択しか出来ず、それに不満を持っているお父さんが一定数いるらしいです。分かります。

そんな方々の受け皿になっているのがSUVだというのも分かります。

残念ながら我が家には子供がいないので、そんな制約はないのですが、一度ドライビングの魅力を知ったら刺激的な自動車に乗りたいですもんね。

そんな皆様、制約から解放されたら是非「乗りたい車」を買うために、必死で奥様を説得しましょう。

これは男のロマンなのです。

 

今日は朝から雨の憂鬱な一日でした

この3連休は初日のオータムフェストに始まり、白髪染めや買い物などは昨日済ませ、今日は基本的に何もしなくてよい予定でした。

それというのも今日はずーっと雨降りだということが分かっていたからです。そんなわけで朝からライティングのお仕事をしたり、引きこもり気味な感じだったのですが、なんか一日中家に閉じこもっているのも気分的に嫌なので、我が家お得意の「遅めの朝食兼、早めの昼食」を食べにちょっと出かけてきました。

妻からの提案で白石区にあるインド料理のお店「ロイヤルインド」へ初めて行きました。http://mohan-dish.com/

このお店の存在は前から知っていて興味はあったのですが、なかなか行く機会がなく、今回妻からの提案に"食いつき"ました。

11時の開店と同時に入るため10時45分には家を出て、途中「本郷市場」が開いているか確認をしてから「ロイヤルインド」へ向かいました。

裏手に駐車場があり、降りしきる雨の中1番入店です。店員は日本人女性なのですが、調理場に目をやるとインド系の方が2人ほどおり、ビジュアルだけで期待が高まります。

というのも、妻は圧倒的にスープカレー派なのですが、私は「本格インド料理」系のほうが好きで、特に本格カリー&ナンの組み合わせが大好物なのです。

私は「ラムカリー」と「プレーンナン」、妻は「チキンカリー」と「ガーリックナン」を注文しました。ほどなく料理が運ばれてきましたが、ナンがでかい!

妻に言わせると「こんなもんじゃない」らしいのですが、私の経験したナンより明らかにデカい。カリー自体は見た感じ「これで足りるかな?」という印象でした。がしかし、結果的に超満腹で見た目以上に量があったのか、歳のせいで食えなくなったのか・・・、分かりません。

今回も妻に注意されたのが「写真撮らないの?(怒)」で、どうしても習慣づかないのです。

この後「ラソラ札幌」でちょっとした買い物を済ませ帰宅しました。ちなみにラソラには来月「GU」と「H&M」がオープンし、既存の「ユニクロ」「しまむら」と合わせ、ちょっとしたファストファッション天国となります。

もう3連休最後の夕方となり、体はともかく心はだるいのですが、最後の元気を振り絞って楽しみたいと思います。

今年のオータムフェストの感想

昨日オータムフェストへ行ってきたのですが、天気も良く日向にいると暑いくらいでした。酒を飲むため当然地下鉄で会場に向かったのですが、実は地下鉄に乗るのも久しぶりでした。

夫婦、南郷7丁目駅から地下鉄に乗り込み、西11丁目駅で降りました。地上に上がるとそこはもう「お肉じゅっ丁目」会場です。正直オータムフェストへ行くと、肉か魚貝かピザしか食べたことがなく、今回も肉からスタートとなりました。

まずは牛タンからです。

f:id:koji44:20190922202819j:plain

この牛たん屋「表小路」って知らないのですが、とりあえずということで"牛タン塩焼き"を食べました。まずまずでしたよ、ホント。

会場についたのが午前11時過ぎくらいだったので、まだ混んでもなく、比較的快適に歩くことが出来ました。牛タンを食べてから東に向かって歩き、8丁目会場で食べたのが「ツブ焼き」です。

もう妻がツブ好きで、恐らくオータムフェストでツブを食べなければ不機嫌の極致へ行くことでしょう。この8丁目会場は北海道各地の特産市的な感じのエリアなのですが、同じツブ焼きでも3個500円の店もあれば、2個650円というふざけた店もあり、もし行くのであればよく見たほうが良いでしょう。

f:id:koji44:20190922205219j:plain

あっ、ツブは美味しかったですよ。テント下でツブを食べて思ったのですが、ラグビーワールドカップイングランドを応援しに来たイングランドの方が多いです。はるばる欧州からご苦労様です。

ここに来るまでは食う気満々だったのですが、あれこれ悩んでいるうちに西4丁目会場に着いてしまい、そこから三越へ行って「ふわもち邸」のドーナツを買って後半戦に臨みました。

ちなみにこの「ふわもち邸」ですが、マジでドーナッツが旨いです。この味を知ってからというもの、もうミスタードーナッツは食えません。

ネットでも買えるらしいので、騙されたと思って是非一度食べてください。

www.fuwamochi-tei.com

後半戦も悩みながら歩き続け、途中「小籠包」を思い出した我々は一路その店を目指しました。なんかオータムフェストは露店的な店が中心なのですが、何店舗かホントにお店的な感じで、カウンターに座ってゆっくりできるお店があります。

小籠包を食べたお店もそんなゆっくりできるお店のなのでが、正直メニューはあまり食べ物の種類が多くはなく、今回も小籠包を食べて速退散しました。

多分ここは7丁目の「屋台横丁」なるエリアだと思います。

ここまで大して食ってなく、締めとしては「ビーフ」を食べたかったので、最後にたべたのが「お肉じゅー丁目」会場の白老牛です。

f:id:koji44:20190922203020j:plain

けっこう油ギッシュだったのですが、普通に旨かったです。

今になって思うと懐かしさと寂しさが交差するのですが、ほんの4年前までこのフェスティバルに独りで出向き、やけになって帰っていたあの時は何だったのかと思います。

今は思いを共有できる妻とあちこち行けてますが、これってホントに幸せだと思います。ただ5年ほど前でしょうか、オータムフェストで一人の寂しさに打ちひしがれ、自暴自棄でガラケーからスマホに替えたあの瞬間だけは「感謝」します。

本州は台風の影響が出ているみたいですが、ここ北海道も明日はヤバそうです。もう引きこもる準備は万全なのですが、被害なくやり過ごすことを願っております。

赤いブレザーを着た屈強の男集団を目撃!

3連休が始まってしまいました。お休みって、前の晩が一番心に余裕と言うか、安心感がありますよね。今日は朝から晴れ渡り、気温こそそんなに高くないものの、温かさを感じるよい休日です。

昨日は晴れてはいたものの結構寒かったのですが、仕事がちょっと遅くなり、帰りに仕事終わりの妻を迎えに行って2人で帰ってきました。その途中南2条西2丁目の交差点で信号待ちをしていたら、目の前を赤いブレザーを着た屈強の白人男性の集団が横切っていきました。

見てピンと来たのですが、きっとラグビーワールドカップの選手に違いありません。試合は明日だと思うのですが、昨日は「ススキノ」へ繰り出す途中だったのでしょう。

さすがチームスポーツ。そんなときでもお揃いの赤いブレザーを身にまとい、集団で繰り出すのですね。きっと日本で見るものが珍しいのでしょう。一人の選手がパチ屋の前で中を覗き込み、「ヘイ!ウェイト」と大声をあげて仲間を呼んで、一緒に中を覗き込んでいました。

彼らの目にはパチ屋はどう映ったのでしょうか??

普段はラグビーにはあまり興味がなく、今回のワールドカップも注目してなかったのですが、恐らくイングランド代表と思われる彼らを見たら「ちょっと見てみようかな」という気持ちになりました。

 

ところで今日はいよいよ「オータムフェスト2019」に行きます。小春日和というにはまだ早い時期なのですが、そう言いたくなるような天候で美味しいものを食べられる幸せ・・・最高です。

地下鉄大通駅から西11丁目駅まで店が連なり、行くと結構歩くことになるので大変です、中年には。ただ歩いては飲んで食っての繰り返しなので、日ごろの運動不足解消にはちょうど良いのかもしれません。

先週も3連休だったのですが、あいにくの天候だったので、今日明日はきっと多くの人で賑わうと思います。

今年はどんな美味に出会えるのか、今からワクワクがとまりません。では行ってきます。

昨日から空気が一変しました。冬の予感・・・

今年の北海道の夏はらしくない暑さが続き、エアコンが無い状態が普通である北海道民には厳しい夏でした。9月に入ってもそれなりの高温だったのですが、昨日から急激に空気が変化しました。

最高気温が20℃もありません。今も部屋の中ですが「肌寒い」感じがします。天気予報を見ると「この時期としては」強い寒気が北海道上空に入ってきていることが原因らしいのですが、ホント寒く感じます。

恐らく寒さに敏感な家庭では、今朝なんて暖房を使っているかもしれません。来週あたりには最低気温は一桁の日もありそうで、季節の変化が急にやってきています。

多少の時期の違いはあっても、毎年思い悩むのは「どのタイミングで暖房を使うか」で、一度使うと止められなくなり、家計のことなどを考えるとホントに悩ましいです。

かといって寒いのを我慢して風邪でも引いたら、それはそれで愚かなことです。希望としては、北からやってくる寒気には今しばらく遠慮してもらい、10月いっぱいくらいは温暖でいて欲しいのですが、当然そんなことは期待もできず、これまた憂鬱なことです。

寒さだけではなくやがて雪が降り、日が暮れるのも早くなって、憂鬱のトリプルパンチになります。北海道ってこの「冬」がなければ本当に暮らしやすい場所なのですが、冬がなければ北海道じゃないですしね。

幸い今日は金曜日で、明日からまた3連休。ちょっとは元気を出して頑張ります。