こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

人生はいつまでやり直しがきくのか?

こんな言葉は適当ではないのでしょうが、「自由の身」になって初めての週末を過ごしています。当たり前ですが、まだ曜日の感覚はあり日曜日の朝だと分かっているのですが、つい先週まで「明日から仕事か・・・」という感覚だけがなくなっただけで変な気持ちではあります。

ただ来週から仕事を探したり、副業をしたり、アルバイトを探したりと、やることはいっぱいあるので、ある意味今までのようにONとOFFを上手く切り替えられるのか気にはなります。

普通に考えたら人生も半ばを過ぎ、このような境遇になってどこまで這い上がることができるのか?ゲームではなくリアルな挑戦となります。

いま改めて考えているのは、妙な自信・・・いや過信でしょう。それを脱ぎ捨てなければ、それが足かせになるのかもということで、15年前に人生をリセットした工場勤務のあのころを思い出し、走れないかもしれませんが確実に歩を進めていこうと思います。

 

歴史を見るとどん底から這い上がった偉人たちの物語がありますが、成功した人間はほんの一握りです。名もなき数多の人たちがそのまま転落していったことでしょう。

ただ悲観しているだけでは始まりません。これを最後の機会と思って頑張ります。

 

思い詰めていてもしょうがないので、ふと社会の目を向けると、来週から消費税が10%になりますね。過去の消費税率引き上げ時の傾向から考えて、どうやっても景気悪化が避けられないのでしょうが、どうなっていくのでしょうか?

景気悪化と(使える)人手不足で、いよいよ中小企業の淘汰が本格的になるのかもしれません。とくにバブル崩壊後のデフレ時代の感覚が抜けない、ある意味無駄に生き延びてしまった経営者は退場を迫られるでしょう。

業績が上がらない⇒給料を上げられない⇒人が去る⇒業績が上がらない・・・といった負のループからは簡単には抜けられません。

問題は経営者の退場の巻き添えをくらう労働者です。そのような世の中になると、ちょっとした労働者の流動化がおきるので、そこでどうやって生き残るかが労働者にとって大事な時代になるでしょう。

悪いことは言いません。自己研鑽に努めましょう。今からでも間に合うのです。

 

なんて人のことを心配している場合じゃないのですが、よく「ピンチの時ほどチャンスがある」と言うので、それを信じて頑張りましょう。

f:id:koji44:20190929075149j:plain

青空カフェラッテさんによる写真ACからの写真

 

いい年してからの就職活動

先日会社を辞めることとなり、いい歳した就職チャレンジを始めました。

いろいろ求人情報を見ているのですが、改めて「若いって素晴らしい」と素直に思いました。そりゃ採用する側だって、若くて可能性のあり、しかも少ないコストで人を採用したいですものね。そちら側の気持ちも分かるだけに、けっこうな悲壮感をもって取り組み始めてます。

若い時であれば職種を変えることもありなのですが、さすがに半世紀も生きていれば、そんな無謀な賭けも出来るわけもなく、今まで培ったノウハウと経験を活かせる仕事を探しています。

ただ札幌とはいえ、北海道自体が全国的に見て経済面で脆弱な地方なので、職種や勤務地、条件など絞り込んでいくと、驚くほど求人数が減っていきます。

しかし負けるわけにはいきません。

悲観的な考えに陥ると、就職活動はおろか日ごろの生活にも暗い影が落ちるので、気持ちだけでも前向きになろうと頑張っています。

必ずこの難局を乗り切り、全国の中年たちに希望の光を与えるべく、これからも頑張っていきます。

 

ところで全国でどのくらい同じような境遇の方がいるのか、ふと気になりました。よくバブル後にリストラの嵐が吹き荒れ、家族にも言えずスーツ姿で公園でたたずむお父さんの光景が頭に浮かびました。実際この目で見たことはないのですが、そんな皆さんも頑張りましょう。希望はあるんです。

自動車を所有し運転する喜びについて

昨今、高齢者による自動車を凶器にした事故や、ちょっと頭のいかれた中年層による煽り運転問題など、なにかと自動車が絡むニュースが多いような気がします。

確かに普通車であれば1トンを超える車体で、人にとっては恐ろしい凶器になりうる存在です。なのであれば、それを操作できる資格たる「運転免許証」への認可はもっと厳正に運用すべきだと思います。

一方、当たり前のことですが、人間の能力をはるかに超えたスピードを出して行動できる"道具"であり、デザインを含め魅力が多いアイテムでもあります。

私は北海道の函館市に生まれ育ち、30歳になるまで生活していましたが、函館レベルでは車無しの生活は「厳しい」というのが実感です。いまは札幌に住んでおりますが、やはり車はあったほうが便利ですし、週末の買い物などを考えると自動車なしでは生きていけますが、不便極まりないと思います。

そんな日常のことも大事なのですが、比較的ジジイとなった私からすると、若いころの車に対する情熱というか、運転することの歓びが今の時代風化しているような気がして、それが気になります。

私が運転免許証を手にした平成のはじめころ、なにせ田舎だったので女性とお付き合いするための最低条件が「マイカー」を持っているということと、一様に洗脳されていました。

当時は若者を刺激するいろんな自動車がありましたね。どうでもイイ話なのですが、私が当時一番嫌いだった車が「プレリュード」です。当時付き合っていた女性の前の彼氏が乗っていたそうで、それを聞いた瞬間嫌いになりました。

f:id:koji44:20190924180641j:plain

あのころは貧乏で(今でもそうかも・・・)、車を買うとそれ以外の余裕がなかったです。

それでもガソリン代とローンに稼ぎをぶち込み、夜の道を走っていたあの頃が無性に懐かしくなります。

ホントかどうか分かりませんが、今の若者(←と言っている時点でジジイですが)は自動車に興味があまりないようですね。たしかに東京などでは駐車場含め維持費が半端ないので分かりますが、地方でもそうなんでしょうか?

いまはジジイとなり、山間部を激しく攻める運転などできませんが、それでも心に余裕があると「インサイドアウト」みたいなラインでカーブをすり抜け、これはこれで楽しいもんです。

よく聞く話では、小さい子供のいる家庭では必然的に「ミニバン」という選択しか出来ず、それに不満を持っているお父さんが一定数いるらしいです。分かります。

そんな方々の受け皿になっているのがSUVだというのも分かります。

残念ながら我が家には子供がいないので、そんな制約はないのですが、一度ドライビングの魅力を知ったら刺激的な自動車に乗りたいですもんね。

そんな皆様、制約から解放されたら是非「乗りたい車」を買うために、必死で奥様を説得しましょう。

これは男のロマンなのです。