新居初のセルフ停電

引っ越してきたこの家なのですが、来た当初電気のブレーカー容量は20Aでした。当然不足することが想像できたので、数日前に30Aの契約に変更しました。

そして今日のつい30分ほど前なのですが、ブレーカーが落ちました。テレビ&PCをつけ、浴室乾燥に除湿器も点け、最後に電子レンジONで落ちました。

前の家は40A契約で、10年以上住んでいて一度もブレーカーが落ちたことが無かったのですが、今回の件を考えると30Aと40Aってけっこう絶妙な境目だな・・・と思いました。

しかし今回の自発的停電で分かったのですが、PCも電源休止で落ちたのですが、電源を入れてWindows10が立ち上がりネットを見ようとブラウザを開いたら、落ちる直前のウィンドウが残っていて驚きました。

詳しくは調べていないので何とも言えませんが、けっこう感動です。途中だったライティングもそのまま再開できる状態でしたし、この瞬間Windowa10が神に見えました。

 

こうした不便の中でも少しづつ楽しさを発見し、生活のスタイルを発見しつつあります。なりべく妻の"お小言"を貰わないように頑張っているのですが、まだまだ至らない私がおります。

明日は週の中日で、勤め人にとっては「もう水曜日かよ」という人もいれば、「あー、まだ水曜日か・・・」という人もいると思いますが、どっちにせよあと2日です。

 

これからもブレーカーに気を付けつつ頑張ります。

今日の疲れ・・・と、たまにモンハン

正確には昨日からなのですが、体感的には今日から9月が始まりました。

まだ月曜日の終わりなのに疲れました。今日は。早出&残業だったので、肉体的かつ精神的に疲れたのですが、何より疲れるのは「仕事があるなら残業は当たり前」と思っている雇用主です。

ホント「地獄に落ちろ」とも思うのですが、「そんなんなら辞めたらいいじゃん」という声もありそうなので、これ以上言いません。

ところで、そろそろモンスターハンター・ワールドで新ワールドが発売になりますね。気にはなっているのですが、最近まったくプレーしておらず、お金を払ってまでやる意義が見当たらない現実があります。

モンスターハンターと言えば、シリーズで初めてプレイしたのが"ドス"でした。当時プレステ2でのプレイだったのですが、やっぱ感動しました。

今考えると、なぜあそこまで熱中できたのか不思議なのですが、ただ単に時間つぶしのようなプレーも出来るし、ガチな狩りも出来るあたりが良いのですし、私のように「オンラインの交友が面倒」というプレーヤーにも遊べる要素が大きかったのかもしれません。

ところが「モンスターハンター・ワールド」では、単独プレイは厳しいです。正直、嫌になります。

 

f:id:koji44:20190902221030j:plain

モンスターハンター・ワールド公式

しかし、たまにプレイしたい。

いまベータテスト中なんですが、ちょっとやってみようかな。

今日は久しぶりの「コストコ」です

今日の未明、壁に取り付けた時計が落下しました。「ガシャーーーン!」と結構な音がしたのですが、引っ越してきた住宅の壁に穴をあけまいとして取り付けた、粘着式フックが時計の重さに耐えられなかったのです。

先ほど落ちた時計の残骸と、飛び散ったガラスなど片づけました。両面テープや粘着剤などで取り付けるフックは、当然どこに貼るかによって耐えられる重さが変わるんですね。イカした時計だったので残念です。

賃貸住宅というのはどうしても退去時の「修繕費」が気になって、壁や床に一定の気を使ってしまいますよね。ただ気にしすぎると、普段の生活でおかしなストレスがかかりそうですし、かといって無神経に使うわけにもいかず、どこでバランスをとるのか難しいです。

 

朝を迎え、洗濯を済ませたところなのですが、今日は久しぶりの「コストコ」で、ちょっとワクワクしております。先週の引っ越しに備え、冷凍食材など使いきって今は在庫がないので、今日新たな在庫の補充です。

つい先日ニュースで「中国初のコストコオープンで大混雑」と報じられていましたが、何となく分かるような気がします。何といってもコストコは最初の訪問が一番楽しいですし、あらゆるモノが大容量で、安いのか高いのかよく分からなくなります。

f:id:koji44:20190901072018p:plain

COSTOCO

引用:コストコ公式HPHomepage | Costco Japan

 

食品などもとにかく量が多いので、独り身のころは酒か生活雑貨を買うことしかできませんでした。その後結婚してからは冷凍庫を買い、肉や魚など小分け冷凍するなど、コストコを活用できるようになりました。

ただ残念なのがその「冷凍庫」で、これもコストコで買った「Haier(ハイアール)」社製のものなのですが、ドアの閉めるとき強くすると反動でちょっと開いてたりします。

昨日もそんな状態だったらしく、今朝妻に叱られました・・・。反省しております。

日本の家電に比べ安いのですが、細かいクオリティーは日本製の方が上です。しかし、その「圧倒的な安さ」は否定できないほどなので、いつかお金持ちになったら(←小学生並みの夢ですが)高い冷凍庫が欲しいです。

 

今日は天気も良さそうです。ふと気づくと9月になりましたし、生まれ変わったように頑張ろうと思う今でした。

眠気と戦いながら・・・

今日も元気に広島カープが敗戦したのですが、なんかチームの不調と同期するように気分もどん底です。

何と言うか、夢中になれる対象があることは幸せなことなんですが、その対象が無残な姿を晒していると途端に不幸せになってしまいます。

そんなことは忘れておいて、先週11年ぶりに「南郷7丁目」界隈に引っ越してきたのですが、今日は夫婦で外食をしてきました。いった店は「南郷つくね山海」という店だったのですが、とにかく安かったです。安すぎて写真を撮るのも忘れてしまったのですが、飲んで+腹いっぱい食べて5千円台でした。

帰りにセコマに寄って氷を買い、ついでに妻にタバコを奢ってもらって意気揚々と家に帰ってきました。それで今は・・・ただただ眠たいです。

今日妻とも話していたのですが、妻が言うには「休みの前の日に早く寝るってもったいないじゃん」なのですが、もう年寄りといって良い年齢の私は「30代のころはそうだったね」というのが精いっぱいなのです。

 

そんなことを書きながら、今日のところはひとまず寝ます。「イエス高須クリニック」と傍で聞こえたこの瞬間が今日の最後になります。

人手不足を言い訳にしないために何をする?

人手不足と言われて久しいのですが、ここ2年ほどはホントに切実な問題となりつつあります。「人がやりたがらない仕事」の人材難は今に始まったことではないのですが、最近は比較的人気がありそうな職種にも影響がでています。

正確には"職種"だけではなく、"会社規模"によって格差が拡大しているのでしょう。例えば事務職を募集したら数年前まで何十人も応募があったのが、最近は数人しか応募がないばかりか、平気で未経験者や「えっ!?」っていう人が申し込んできます。

小企業になるほどITや組織の力ではなく、どちらかというとマンパワーに頼りがちな現実を考えると、非常に厳しい時代なのかもしれません。

しかし会社によって色々な事情があるでしょうが、実は効率化は意外と簡単に出来る場合が多く、仕事に対する考え方をちょっと変えるだけで、大幅に「無駄な仕事」を排除できるんです。

いろんな職場で、いまだに「時間いっぱいあくせく動いている」ことが仕事だと思っていたら、それは大きな間違いです。働く時間ではなく、達成した業務内容で評価されるべきで、評価する側もそこに着目しなければ変わりません。

 

とは言うものの、凝り固まった考えを変えるのは大変ですし、変えられる側からは相当な抵抗を受けるでしょう。

しかし、それをやり切った時の達成感と効果は絶大ですので、そのような「変える側」の立場の人は頑張ってください。なんか他人事ですが。

 

今日はもう8月30日。北海道の短い夏はすでに過ぎ去ったようなので、今度は短い秋を楽しまなければなりません。

仕事に精をだすのは当然として、一方プライベートも大事にしなければ人生のバランスとしがとれません。まあ最近は「働き方改革」なんて言葉が後押ししてくれて、以前より人らしい生活を主張しやすくなりましたよね。

「味覚の秋」に思いを馳せながら、8月最後の仕事を頑張ります。

異常気象から思うこと

昨日から九州北部を襲った豪雨ですが、被害も出ており非常に心配です。まだ今日も雨雲が停滞するようなので、現地の皆さんは引き続き気を緩めないでください。

ホント日本は色々な災害が起こる国だと実感するのですが、世界に目を移しても環境問題が山積しております。よく「地球温暖化」と結びつけたような論調が見られるのですが、実際どうなのでしょうか?

これに関してCO2の排出に関して関心が寄せられてきましたが、ここにきて急に「アマゾン大火災」と「地球の酸素の20%を供給」が注目を浴びています。

これに伴いブラジルのボルソナロ大統領にスポットライトが当たっているのですが、凄いですねこの人。いろんな批判もどこ吹く風で、全く意に介していないようです。

このアマゾン火災に関しては典型的な「環境問題」なだけに、世界中のセレブの皆さんがSNSなどに取り上げております。言わんとすることは分かるのですが、ふと考えると森も少ない都市部に住み、タダで酸素を吸って生きていくことは良いのか?と疑問が沸くのですが、どうなんでしょう。

ヨーロッパやアメリカなど、いわゆる"先進国"では一昔前に森林破壊が終わってしまい、現在ではいわゆる"途上国"での森林破壊が問題視されています。これって不公平な気がするのは私だけでしょうか?

確かに環境問題は世界的規模で考えなければならない時代なのですが、こうした不公平感が問題解決の大きな壁のような気がします。

CO2の問題も同じで、先進国はじゃんじゃん排出してからの、先進技術で排出を抑えるとこまでたどり着いていますが、途上国は人口が爆発的に増え、CO2をじゃんじゃん排出している最中です。

有効な手立てもなく、このままいったら大変なことになりそうですよね。環境の変化ってすぐ分かるものではなさそうなので、気が付いたら手遅れ・・・なんてことにならないよう、ただただ祈るばかりです。

どうなっちゃうんでしょうね?お隣の国は・・・

人間齢を重ねると着実に体は衰えるものだと、今回の引っ越しを通じて痛感しました。とはいえ、トレーニングをするなり摂生するなりしないと食い止めようがないので、来週あたりから体を動かそうかな・・・という、典型的な「結局やらないだろ」思考で今はいます。

ところで昨今の世界情勢は非常に混とんとしており、米中の対立やイラン問題を軸に動いているようですが、そんな中お隣「大韓民国」はどうなっているのでしょうか?いや、もしかしたら今更な話じゃないのでしょうが、はっきり言って情勢分析が全くできていないし、その上決断の局面でことごとく"悪手"を選ぶあたり芸術的ですらあります。

あの国の異常性はネットの一部では常識として知られてはいましたが、最近はその異常性を隠ぺいしていた既存メディアですら隠せないような状況です。

正直「勝手に滅びろ」という心境なのですが、その後の後始末を考えると隣国だけに色々想定し対策をしておかなければなりません。

では滅びるとしてどんなシナリオが考えられるのでしょうか?一昔前ならば軍部のクーデターなんて線が濃厚だったのでしょうが、最近の軍部は友軍たる自衛隊にレーダー照射をしてるあたり「???」な感じです。

ここは意外と北朝鮮の刈上げさんとトランプ大統領の間で話がまとまっていて、米軍撤退⇒北朝鮮電撃戦開始⇒半島統一⇒核廃棄なんて展開もあり得ます。

 

ともあれ、どうか平和な日本に迷惑はかけないで欲しいです。マジで。自分の生活で大変なんです。