ストーブ・・・・点火!!

今朝もなかなかの寒さで(冷え込みと言うほどではない)、ついにストーブを30分ほどですが点火してしまいました。一度暖をとってしまうと後戻り出来ない可能性は重々承知してるのですが、引っ越してきて初のストーブ点火を「試験でもあるしね」という、心の中の言い訳でやってしまいました。

明日の朝はもっと気温が下がるようなので、きっと明日の朝もストーブを使ってしまうでしょう。

しかし久しぶりの灯油ストーブなので、ちょっと灯油の価格を調べてみたら高いですね。ホントに。こんなことを言ったら感覚が古すぎてバカにされるのでしょうが、今から30年くらい前ですが、家賃17,000円で共同玄関・共同トイレ・風呂無しという、けっこう攻めたアパートに住んでいたことがありました。

あのころ上にヤカンを乗せてお湯を沸かせるような、それこそ昭和仕様のストーブを使っていて、灯油も歩いて7~8分ほどのガソリンスタンドまで買いに行ってました。

その当時の記憶では1缶(18L)で600円位だったはずです。つまり1L=33円位です。それが最新の灯油価格は93円(札幌の平均値)と、あの昭和の終わりのころの3倍近いのです。

その間に所得が3倍近くにはなっていないので、北海道の庶民の暮らしは昭和時代より後退しているのではないでしょうか?まあこれは極端な意見かもしれませんが、バブルが弾けて以降は確実に可処分所得が減っています。

それがあまり表面化しなかった一つの理由がデフレだったわけで、世の中昔より良いサービスを、昔より安い価格で享受できるようになっていたわけです。結果そのサービスを提供するため企業は給与の伸びを抑え、さらに安いサービスを提供しないと消費者が反応しないという悪循環です。

このままだと夢がない。

私自身いい歳なので当たり前なのですが、世の中に出て働き始めた当初は戦前生まれの方も普通に現役で、今思うと面白い話がたくさんありました。

とくに戦後の復興や、高度経済成長期の給与の上がり方などは今では想像が出来ないほどです。それは日本の国際的な地位の向上もあったのでしょうが、初任給が10年ほどの間に10倍になるって考えられないですよね、今じゃ。

あと印象深いのは、その世代の方々が皆言うのですが「自動車なんて一生買えないと思っていた」と、それに必ずセットで「月賦(今でいうローン)に手を出したら終わり」という言葉です。

これって国民性と言ったらそれまでなのですが、ある意味日本の個人消費が伸び悩む根幹の一つなのかもしれません。だって未だに日本におけるクレジットカード決済の手数料(店の負担)が高い理由が、欧米と違い日本人の多くはカード決済で1回払いを選択するので、カード会社は分割手数料などの収入が上がらず、結果的に店舗から搾取する手数料で儲けなければならないそうです。

 

いったい何を言っているんだ俺・・・・。こんな事より、なんとか灯油が安くなるように中東情勢が安定してほしいと願う無職の中年でした。

人の本質はピンチの時にバレてしまう件

台風が直撃してから数日たちますが、未だに行方不明の方もおりますし、被害状況の全貌は分かりません。

丁度3連休に台風がやってきたので、多くの方が仕事がそもそもお休みだったことだと思います。しかしサービス業など、逆に稼ぎ時で仕事だったかたも多くいます。そんな方々や企業はどのような行動をとったのか、一部では注目を集めています。

そのような中、「株式会社こす.くま」という会社の話が話題になっております。

引用:headlines.yahoo.co.jp

ここの社長さん、言葉のチョイスはどうかと思うのですが、大きな災害が差し迫ったときの判断としては非常に正しいですよね。

 

去年北海道も大きな地震に見舞われたのですが、ここ札幌は一部液状化で大変な地区がありましたが、大変だったのが停電で、公共交通機関が止まり、ガソリンは給油出来ないし、スーパー・コンビニの棚から品物が消え去ったりしました。

あの時は携帯電話は使えて連絡は何とかつく状態だったのですが、普段綺麗ごとを言っているような実はダメ経営者にかぎって何の支持も、何の意思表示もなく、「社員が自主的に出社した」体でおりました。

ホントに緊急時になると人の人間性が見えちゃうもんだと、あの時よく分かりました。よく給与やお休みなどの待遇面にばかり注目しがちですが、いわゆる「ブラック」な会社はこんなとこにも表れるので、特に中小企業にお勤めの方は気をつけましょうね。

 

ところで今回の災害で、武蔵小杉のタワマンが停電や断水していることが話題になっていますが、いまさらながら的に「あの土地は、もともと・・・」と言われて、一部の嫉妬民からバカにされております。賃貸住みならまだしも、一世一代の買い物であるマンションを買われた方々は、ホント気の毒です。

昨年の札幌清田区における液状化もそうなのですが、住み家の土地選びは重要なんですね。札幌でも「ここは元々湿地だった」とか「ここは沼だった」だとか、いろんな土地がありますが、ホントによく調べなければ分かりません。

なんかこれからは「古地図」が注目を集めるかもしれませんね。東日本大震災津波の際も、先人がここまで津波が来たと置いた目印だったりが注目されましたが、古の人々の知恵や経験を今こそ見直す必要があるのかもしれません。

 

今日は面接に行くのですが、それに相応しい古人の知恵は何かあるのだろうかと考えているのですが、今は思いつかないので、あと数時間考えながら面接に臨もうと思っている朝でした。

台風被害にあわれた方へ、月並みですが頑張ってください。

まことに残念ながら大きな被害が出てしまった台風19号ですが、改めて水害の怖さを思い知りました。台風慣れしていない北海道にいると、台風=暴風のようなイメージがあるのですが、風の被害が発生する時間というのはそれほど長くはなく、むしろ大雨の影響はその場所だけではなく、上流地域など別の場所の影響がこれほど出るんですね。

 

今日も朝からニュースを見ていると、命は助かった方は良かったにしても、被害家屋の片づけや生活の復旧が困難でしょうし、これからが大変ですよね。

今回被害にあわれた方は困難極まりない道でしょうが、どうか気を強く持って前に進んで頂きたいと思います。

 

ところで今日は多くの方は3連休明けの気だるい火曜日でしょうが、私は未だ望まぬ連休中で、いい加減「あー、今日仕事かぁー」というセルフを吐きたい気持ちが高まっています。

人生において今よりも無職期間が長かったことはあるのですが、そのころはまだ若く、楽観的な姿勢でも取り返しはついたのですが、人間年をとってくると余裕がなくなっていくというか、それが許されなくなっていきます。

今日もハローワークへ行ったり、仕事探しに精を出さなきゃならないのですが、ゴールが見えない行動は中々辛く、切ない道です。

前の無職期間にも感じたことなのですが、今こうして(ほぼ)世の中に何の影響もない生活をしていても、世の中は普通に回っているんですね。

「俺はこの国に必要なんだろうか?」などと、ちょっと大げさに考えるとテンションが下がってしまいます。まあ前向きに考えるならば、必要な存在になるための努力期間が今なのかもしれません。

 

北海道は今日から少しばかり冷え込み、山間部や一部平野部でも初雪の可能性があります。なんか今の気持ちと季節の移り変わりがシンクロしているようなのですが、ここから反転して自分は「心の夏」にむかって頑張ります。

f:id:koji44:20191015084423j:plain

 

備えあれば憂いなし・・・台風に注意してください

台風19号が接近していて、明日から明後日にかけて関東付近に勢力を保ったまま上陸するようなので、皆さん十分に注意してその時に備えてください。

と言っている私は北海道にいるので、正直台風の怖さを本当の意味で知りません。ほとんどの台風が北海道の手前で「温帯低気圧」に変わってしまい、めったに台風のまま来ることはありません。

それでもたまに台風(それでも勢力は弱まってるはずですが)のまま北海道に来ると、そりゃ被害は甚大です。たぶん滅多にないだけに、雨と風に弱いのかもしれません。雪には強いのですがね。

先日の台風15号やそのた大きかった台風の映像を見ると、まあとんでもない暴風ですよね。あれを見ると「不要不急の外出は控えてください」と言うのもごもっともです。

悲しいことに3連休に恨みでもあるかのような台風19号ですが、せっかくの休みだから・・・などと考えず、安全第一に留意して行動してください。

 

そんな台風関連のニュースに注目していた一方、今年も吉野彰氏がノーベル賞に選ばれ、ご祝儀なのか吉野さんの所属する旭化成の株式が高値を付けるという、なんとも心温まるニュースもありました。

昨日は朝からどのニュースも「吉野さんがノーベル賞」だったわけですが、妻と見ていて"吉野彰旭化成名誉フェロー"との肩書の「フェローってなに?」と妻が疑問に思って私に聞くので、はっきりしないのに「顧問的なのじゃない」と半ば適当に答えていました。

調べてみると「研究所などで研究職に従事する者にあら得られる職名・称号」なんですね。やっぱり調べてみるものです。ニュースだけに限らず、普段生きていてもこのように「はっきり意味が分からないけど、雰囲気だけ分かった気になってる言葉」が多いような気がします。

何となく前後の文脈からボヤーっとした雰囲気だけ感じているけど、調べると微妙に意味が違うと。

はっきりわかったので、後で妻に伝えようと思いますが、ほんのちょっとしたことなので、これからは一つ一つの言葉や内容をしっかり確認して自分の糧にしようと、なんか改めて思いました。

 

最後に改めて台風の動向には注意して、無事に週末を過ごしましょう。

f:id:koji44:20191011062727p:plain

 

いよいよ今年の出生数が90万人を下回るそうですが・・・

いつかはそうなると分かってはいたのですが、いざ現実になると結構なインパクトですよね。っていうか、厚労省の推計より2年早く90万人割れになるそうですが、そもそも厚労省の推計やデータが当たっていたことがあるのでしょうか?

年金で騒いでいたときも、出生予想や経済成長など、余りにも甘い推計で国民をバカにしていたじゃないですか。官庁の役人に国を憂うる国士はどれくらいいるのでしょうか?

しかし現実に少子化は歯止めが利かないわけで、かくなるうえは現役世代を含め、かなり痛みを受け入れなければ、今の子供たちに未来はありません。ただ急に覚悟を決められるかと言われれば、少しの猶予は欲しいのですが、早く手を打たないと取り返しがつかなくなります。

もしも出生数が85万人あたりで落ち着くとして、0歳~80歳あたりまで満遍なく分布すれば、日本の人口は6,800万人です。その時にはその人口に合わせた日本になるしかないのですが、問題はそこに至るまでゴッソリいるであろう「老人」をどうするかです。もちろん私もそこに含まれるわけですが・・・。

 

一つは想像しても苦しいのですが、働けるうちは働かせるしかないでしょうね。なんかここ数年「人生百年時代」などという嘘っぽい言葉が出ていますが、いくら百歳まで生きても、人様に迷惑をかけるような生き方じゃダメなわけです。とはいえ健康寿命がそれに比例して伸びているかと言えばそんなこともなく、政治家や役人はただ単に年金給付を先延ばしにしたいだけで、本当のビジョンが見えてきません。

こんなことで個人消費が伸びるわけもなく、なんか暗い気持ちになってしまいます。

そしてもう一つは言いにくいことですが、人はやはり天命に従い、それに逆らってまで長生きをしないことだと思います。いざ自分に突き付けられたとき、私は覚悟はできております。最後は清く散りたいと思ってるわけですが、まあ同調する人は少ないでしょうね。

 

ともかく現状を打破しようと思ったら、今の日本の政治システムでは「強力な政治家」の登場を待つより手段がないので、望み薄ですがそんな偉人の登場を心待ちにしております。

食べログの件でいろいろ燃えてますが、そもそも信用できるわけがないですよね

一般人として普通に生活していると、当たり前ですが飲食店のレパートリーが多いわけもなく、例えば夫婦で「今日のお昼どこで何食べる?」となったとき、どうしてもネットを見てしまうわけです。

キーワードを入力すると当然のように「食べログ」が上位に出てきて、ついつい見てしまうのですが、まあ当てにならないですよね、その評価。

 というのも当然で、食べ物って人によって味覚が全然違い、友人ならいざ知らず、全くの他人の評価を鵜呑みに出来るわけがありません。まあ実際は知人の評価もあまり当てのはならず、食べログ含め参考程度に考えておかないと悔しい思いをします。

 

しかし最近話題の「点数欲しけりゃ会員になれ」と食べログがアプローチしてきた件ってホントなんですかね?似たような話は随分と昔からあるので、あながち嘘だとは思えないのですが、サイトがこれだけ影響力を持ってしまうと、こうした行為は「暴力」に他なりません。

ただ食べログが全く無駄かと言うとそんなことはなく、お店の基本情報や料理の写真を見れるだけで非常に助かっているのは事実です。なのでその程度の利用だと考えれば腹も立ちませんし、良いのではないかと思う次第です。

自分もたまにブログや、その他日常会話で飲食店の話をすることがあるのですが、ごく一部のお店を除いては、行って食べて内心「美味しくないな・・・」と思っても、表現としては「自分は好きではない」くらいの表現にとどめております。人によっては美味しく感じるかもしれませんしね。

 

先日エスタの10階にある「四川飯店」という中華料理のお店に行ってきたのですが、事前に聞いていた話でかなり期待して行ったのですが、正直私の口には合いませんでした。多分味付けと味の濃さの問題なのですが、両方足りなかったのが残念でした。

f:id:koji44:20191009113540j:plain

四川・あんかけ焼きそば定食

正直私もそんな高級な舌を持っているわけではないので、参考にしないで頂きたいのですが、昔から「あんかけ焼きそば」が好きで、つい行った中華料理屋の評価の物差しに「あんかけ焼きそば」を使ってしまいます。

その物差しで測ると、残念ながら四川飯店は私好みではありませんでした。景色は最高でした・・・。

 

やはり自分に合うものを見つけるためには、どんどん経験を積まなければならないのですね。その経験を積むためには先立つものが必要なので、早く仕事に付かなければと思うこの瞬間です。

教師による教師への「いじめ」?なんですが

神戸市で発覚した教師4人が同僚の(多分気の弱い)教師へのいじめですが、映像まで出てきてしまい、あれを見たらもう傷害事件ですよね。

先日の関電の件もそうなのですが、発覚後に次から次と新事実が露わになり、もう後戻りできなくなってしまいます。今回の「教師による傷害」も校長が見てみぬふりをしていたことが分かり、いよいよ収集がつかなくなってきています。

ただ、この件って神戸のこの学校だけの特殊な事例なんでしょうか?神戸市教育委員の記者会見でこの件を「前代未聞」と言っていましたが、ホントに前代未聞なんでしょうか?

子供同士の「いじめ」も認知件数がその全てではないのですし、そもそも「いじめ」という単語が「傷害」という言葉をごまかすワードのようで嫌です。

もう一刻も早く全容を把握し(してるかも)、洗いざらい発表し早く厳正な処分をしましょう。

 

ところで別のニュースでは宮崎県美郷町の高級「牛脂」が話題になっていますが、私は個人的に今の「ふるさと納税」制度に違和感をもっているので、今回の件は確かに酷いのですが制度の在り方をもっと議論してほしいものです。

この制度の導入時、当時東京都知事だった石原さんが大声で異を唱えていたのを覚えているのですが、私も不勉強で「自分の生まれ故郷へ寄付する」制度くらいな認識でした。

ところがよく見てみると、生まれ故郷もくそもなく、得するとこへ寄付して、結果寄付できるある程度所得のある人と魅力的な「景品」を用意した自治体だけがwinwinなわけで、どこが"ふるさと"納税なのか不思議でなりません。

 

なんか仕事探しの合間にニュースをチラ見して、こんなことを考えているのもどうなのかと思いますが、ついつい気になってしまいます。いよいよ政府発表の景気判断も「悪化」となり、不景気への坂を下り始めているので、早く就職を決めないとヤバいですよね。

今日も探しまくろうと決意を新たにしている、職探しおじさんでした。