こうじの徒然草

日々感じることを、思いのままに綴ってます

今どきは「夜のお付き合い」が敬遠されているようですが、まあそうでしょうね・・・

仕事帰りの18時10分ころ地下鉄ススキノ駅へ着きましたが、さすがに人が多かったです。そりゃそうでしょう、13日の金曜日ですから。

忘年会や会社の飲み会が「楽しい」という層は一定数いるもので、まあ特に中高年に多いのかもしれませんが、現に私も中高年ですが"今"は「会社の飲み会」を欲していません。

 

だって面倒ですし。

 

そんな私も昔は「仕事上の飲み会」大好きでした

今から思うと理由は分かりませんが、仕事終わりに上司から"麻雀"のお誘いを受け、ほとんど断ったことはありません。

大体はその後飯に行き、そして飲み屋さんに行くのですが、若かりし頃の私には新鮮な体験で楽しかった記憶しかありません。

当時は私が若年だったため、そんなお店のお姉さんも年上ばかりでしたが、ちょっとだけ客を勘違いさせる雰囲気が何ともいえませんでした。

それまで友人同士で行くのは「居酒屋」ばかりで、そんな「女性店」へ行くことなんかありませんでしたし、その後大いに飲み歩くようになる自分の「訓練期間」だったのかもしれません。

 

その職場は30歳までいたのですが、実は会社系の飲み会へ頻繁に行っていたのはそこが最後で、その後故郷函館を離れてからは「独り飲み」へシフトしていきました。

 

「飲みにケーション」なる言葉がありますが、情けないながらも確かに酒の力を借りると何でも言いやすくはなります(個人的な感想)。

また誘われて断らないと「あいつは付き合いが良い」と思われていたのも事実です。それが良いか悪いか別問題として。

 

今の若い世代に不評なのは重々承知していますが、たまに「おっさん」とお付き合いすると新たな発見や経験が出来るかもしれませんよ。

行ってみて嫌だったらもう行かなきゃイイんですし。何事もやってみなければ分かりません。

 

f:id:koji44:20191214061825j:plain

 

近所に隠れた名店(?)を発見しました

昨日は一回家に帰ってきてから車で妻を迎えに行き、帰ってきてから外食することになったのですが、家の近所とはいえ「12月の金曜日」ですし、メジャーなお店は混んでるだろうということで、前から気になっていた徒歩圏の「焼き鳥屋」へ行きました。

 

カウンター6席ほどと小上り2つの狭いお店だったのですが、焼き鳥が美味しかったです。

全然期待していなかったので、写真も撮らなかったのですが、チェーンのお店の2倍くらい美味しかったです。こんな比較もどうかと思いますが・・・。

 

たまに冒険してみるものですね。メニューのクオリティーは高いのですが、正直お店は汚いです。ただ安いし、コスパは高いお店でした。

 

うちの近所は意外と飲食店が多く、今回の「当たり」を踏まえると次の機会も冒険しようと思います。当然「ハズレ」もあるでしょうが、そんな気にさせてくれた「汚い焼き鳥屋」のおじさんに感謝です。

 

f:id:koji44:20191214063444j:plain

 

今日は土曜日ですが、お昼までお仕事です。妻は友人と「ビュッフェ」へ行くので、仕事終わりに一人でスーパーへ行きお買い物です。

なんか忙しい一日になりそうですが、まあ気楽にやってみます。

 

それでは良い一日になりますように。

今、目の前にはない危機

梅宮辰夫さんがお亡くなりになりました。享年81歳だったのですが、一昔前なら「大往生」と言ってもよいお歳なのでしょうが、今の時代は判断が難しいですよね。

私にとっては往年の"映画スター"というよりは、娘さんの件で苦労されたり、バライティー番組でのイメージの方が強いお方でしたが、先ずはご冥福をお祈りします。

 

 

「人生百年時代」とかいう怪しい言葉

今年厚生労働省が発表した2018年の平均寿命ねのですが、女性87.32歳、男性81.25歳でした。

大抵は死ぬ間際まで元気に動けるわけでもないわけで、何かしらの世話なしに生きられないことを考えると、よくも「人生百年」などと言えるな・・・と思います。

 

年金財政が大変になっていくことと、労働者人口が減っていくことなど、それらを数字上辻褄を合わせるためだけに言っている、いわば「妄想」なんでしょう。

「元気なうちは働いて納税しろ」「年金はなるべく遅く受給しろ」とは言えないので、「人生百年」なんて言葉でごまかしているんです。

 

年金にしろ医療にしろ介護にしろ、このままではヤバいのは事実なわけで、それでも「制度は安心です」と言い張る厚生労働省ってどうなんでしょうか?

一方では「国の借金が大変なんです」と煽って、なにかと増税したがる財務省も同罪です。

 

ビジネスでよく使われる例えで「茹でガエル」のお話があります。

『2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する』

およそ人間は環境適応能力を持つがゆえに、漸次的な変化は万一それが致命的なものであっても、受け入れてしまう傾向が見られる。例えば業績悪化が危機的レベルに迫りつつあるにもかかわらず、低すぎる営業目標達成を祝す経営幹部や、敗色濃厚にもかかわらず、なお好戦的な軍上層部など。

引用:茹でガエル - Wikipedia

 

いま多くの日本国民はこんな状況にいるのかもしれませんね。

 

f:id:koji44:20191213061635j:plain

 

「お昼からお酒が飲める店!」という甘美な響き

ちょっと前まで仕事に行く妻を車で送り迎えしていたのですが、その道中"お昼から酒が飲める"とデカい看板が目に入ってきて、その誘惑の言葉に魅了されていました。

 

独りで生きていたら、そんな堕落した生活も可能なんですが、家族で生活していると中々できません。

これは週末の買い物なんか、必ず車を使うせいもあるんでしょうが、いろいろ用事をすませると夕方になっています。まあ別に不満ではないのですが。

 

来週の土曜日なんですが、半ドン終わりにマツエク帰りの妻と合流して、ついに「あの看板」のお店に行くことになりました。串カツ中心のお安い店なのですが、2年前に妻と行った大阪の串カツ屋を思い出します。

 

行くまでまだ1週間。長いな・・・。

 

f:id:koji44:20191213062825j:plain

 

今日は「13日の金曜日」です。別に不吉なものではありませんが、古い人間はついつい「13日の金曜日」になると口に出したくなります。

恐らく今日と来週あたりが忘年会のピークだと思いますが、皆さん楽しい週末を過ごしましょう。

 

 

熊沢英昭さんの裁判のニュースに触れ思ったこと

自分のことで精一杯な期間が続いたので忘れていましたが、長男を殺害した元農林水産省事務次官の熊沢英昭さんの初公判があったのですね。

世論的には犯行に対して同情的な意見が多く私も同じなのですが、冷たい言い方をするなら"子供の教育"に失敗したわけで、その"失敗作"が世間に迷惑をかける前に"始末"した事件でした。

この件に限らず、子育ては大変だなと思う次第ですが、私は子供がいないので想像でしか考えられません。

 

綺麗ごとじゃなく、子供"第一"の世の中にしなければ・・・

日本、滅びますよ。

今の世の中「少子化」が叫ばれているわりに、予算は「高齢者」に浪費されているのが今の日本です。全ての高齢者を一括りにするわけではないのですが、ちょっとはお国の将来について考えられないのでしょうかね。

 

こんな事を言うと一部から批判されるのでしょうが、綺麗ごとだけでは問題は解決できません。

 

少子化という傾向は"先進国"においては避けられないことなんでしょうが、対症療法でもなんでも手を打つべきです。しかし予算は限られているわけですから、配分について高齢向けから若年者向けにシフトすべきです。

 

しかし、こんなことを実現しようと思ったら高齢者を敵に回し、選挙もヤバいので並みの(並以下が多いような気がしますが)政治家じゃ口にも出せないでしょう。

かの石原慎太郎さんのような「怒れるオヤジ」がトップに立ち、「未来ある子供たちのため、お前ら我慢しろ!」とでも強権を振るわなきゃ無理でしょうね。

 

f:id:koji44:20191212055555j:plain

 

久しぶりに「消費税、糞!」と思いました

昨日家へ帰ってきたら、郵便ポストに「ガス&灯油使用量のお知らせ」が入っていたのですが、合わせて2万円を超えており、内消費税が2,041円というのを見て怒りを覚えました。

人間が生きていくために必要な「衣食住」のうち、「食」に関しては申し訳程度の軽減税率が適用されていますが、それ以外は10%です。

あっ!住居は非課税でした。

 

今まで深く考えなかったのですが、何とかならないのでしょうか。消費税にも累進課税的な考えを導入し、例えばの一般家庭の光熱費を1万円まで非課税、2万円まで3%・・・のようにです。

今の制度では無理なのは承知していますが、インボイス導入後は"申告還付"が前提ですが、可能なはずです。やらないでしょうが。

 

なんのためにインボイスを導入するのか?財務省は「搾り取る」ことしか考えていないのでしょうね。

 

対策としては「収入を増やす」以外、庶民には方法がないのでしょうね。しゃーない頑張るか。

 

f:id:koji44:20191212062509j:plain

 

香港のデモや、昨年の今頃燃え上げっていたフランスの「黄色いベスト」を見ていると、日本人ってホント大人しい国民性なんだと思います。

たまにデモを見かけても、やっている人たちは"ちょっと頭の沸いた人たち"ですし、何かもっとまともな抗議方法はないものなんでしょうか?

 

選挙に行くのが「正攻法」なんでしょうが、毎回マスコミが作り出しているであろう「争点」とやらと、こちらの考えがずれていて失望します。

 

考えても仕方ないか・・・この時間は。

今の時代も「家柄」って存在するんですかね?

ここ北海道に生まれ育っていると、そもそも歴史がない土地ですから「高貴な家柄」はないと思います。

一時期を除いて北海道から出たことがないので経験がないのですが、よくドラマなどで「君は私の娘には似つかわしくないのだよ」などと、相手の父親に一蹴される場面を見ることがあります。

あんなこと実在するのでしょうか?

 

現代においては知りませんが、昔は「家柄」が重宝されたのは事実で、家系図や家柄を塗り替えるものがいたほどです。「おめーだよ。家康」と言いたいのですが、少なくとも江戸時代までは一定の価値があったのは事実です。

 

「悪将軍」足利義教

俗にいう"室町幕府"の6代将軍・・・というか、「幕府の征夷大将軍」というと、どうしても江戸幕府のそれを想像しがちですが、室町幕府の将軍はそこまで絶対的な存在ではなかったようで、イメージとしては連合政権の「議長」的な存在だったようです。

 

アニメ「一休さん」で有名な3代将軍「足利義満」はその"絶対的地位"を欲したようなのですが、成就する前に亡くなりました。一説にはそれを望んだため殺されたというような説もあります。

 

ここで紹介したい「足利義教」は義満の子にあたるのですが、6代将軍なんですね。さらっと話せば、4代将軍の兄と5代将軍の甥が相次いで亡くなった結果です。

将軍に選ばれた理由も、どこまでホントか知りませんが「くじ引き」です。

 

その後の義教治世は猛烈な恐怖政治を行い、「悪将軍」の異名をとったのですが、それより将軍の地位にあくまで"正統"な人間を据えるという判断は、やはり家柄があれば周囲を納得させられるということなんでしょう。

 

過去のことなんですが、今の日本ではみな姓名を名乗っていますが、姓=苗字は「氏」と違いあくまで家名で、例えば足利義教であれば正式な名は「源義教」なんですね。

私のような下流のものは「氏」なんてありませんし、もしかして由緒正しい家へ行ったら、敷居をまたぐことも許されず、塩をまかれるかもしれません。

 

ちなみに、この「足利義教」は興味深い人物なので、暇があったら調べてみてくださいね。

 

f:id:koji44:20191210212442j:plain

引用:足利義教 - Wikipedia

 

 「いきなりステーキ」が苦境に陥っているようですが

業績が急低下しているのは知ってはいましたが、社長自らが来店を訴える展開に賛否というより、非難が殺到しているようです。

話題を集め好調なときでも、その拡大路線に「???」と思ったのですが、今の状況を見ると「自業自得」な感じがします。

 

芸能の世界で言うところの「一発屋」みたいなものですが、ホント一山掘り当てて、そこから安定企業にしていくことの難しさを体現しています、この社長さんは。

 

「いきなりステーキ」は私も1度行きましたが、美味しいのですが別に言うほど安いわけでもなく、フードコートで食ってあの値段はちょっとね。

それに比較はできませんが、他のファーストフード店のようにしょっちゅう行くような店でもないような気がしました。

 

せっかく「隙間」を見つけて成功したのですから、消え入る前に大胆な撤退戦略を打って、生き残れた暁にはまた行きたいと思います。

頑張ってください、一瀬さん。

 

f:id:koji44:20191211060233j:plain

 

今日も札幌は気温が高く、夜遅くには雨が降るようです。この時期の雨は雪よりもダメージが大きく、いっそ雪になって欲しいのですが、まあ傘を持って備えましょう。

 

どうか今日も平穏な一日でありますように。

 

 

 

ちょっと内向的なことを考えている、火曜日の朝です

今日の札幌は10℃近くまで気温が上がる予想で、季節外れの暖かさとなります。明日も気温が高いようなので、街中から雪が消えそうです。

観光で来るならいざ知らず、住む身にとっては雪は無いに越したことはありません。

 

しかし夏に死ぬほどの暑さにならない代償と考えると、仕方のないこととも思えたりします。いったい日本で一番住みやすい場所ってどこなんでしょうね。

 

「察して欲しい」という、日本独特の空気感

これは反省の意味も含めて考えているのですが、昔から日本人の特徴として「自己主張」が弱いと言われます。

同じアジア人でも中国人なんかは自己主張が強いといわれ、確かに中国人同士が話しているのを見かけると、まるで喧嘩でもしているように大声で言い合っています。

 

日本人の奥ゆかしさと言えばそれまでなのですが、やはり「言うべきこと」や「伝えるべきこと」は意思表示をしないとダメなのだと、今更ながら思っています。

 

狭い世界の話をすると、私ら夫婦がそうでして、私が出しているつもりの「察してオーラ」は全く伝わりません。

伝わらないばかりか怒られるわけですが、いつまでも自分に都合の良い「察して文化」から脱却しなければならないと強く思ってます。

 

ただ何から何まで言い合っていたら"ガサツ"な感じもしますし、これも日本人が苦手な"メリハリ"が必要なんでしょう。

とりあえずは妻を相手に、その微妙な距離感と言うか「きちんと伝える」努力をしていこうと思います。

 

f:id:koji44:20191210061218p:plain

 

ストレスの原因は人それぞれですが・・・

世の中を生きていくうえでストレスから逃れることはできないのですが、少なくともストレスを軽減することは可能です。

とはいえ軽減するのにも一苦労というか、困難が伴います。例えば職場での対人関係で悩んでいたとして、それから逃れるため手っ取り早いのが退職することでしょうが、なかなか簡単に決断はできません。

 

私も久しぶりに「10円ハゲ」が出来ましたが、もし無職状態が原因だったとすると「就職」することが解決手段なのですが、結構苦戦しました。その苦戦がさらにストレスになったとは思います。

 

ただ同じ状況でも気の持ちようによって楽になることはあります。「悩む」という行為がストレスそのものなので、悩んでも解決できないことなら考えても無駄だと割り切って、頭から一時的に消去すると、ほんのちょっと楽になります。

「どうやって消去するんだよ」と言われそうですが、声に出して「考えても無駄無駄!!」と言うだけで効果はありますよ。

 

ストレスはゼロには出来ないものなので、"友達"くらいな感じで上手く付き合っていきましょう。

 

f:id:koji44:20191210072847p:plain

 

地下鉄で職場に向かいながら見ていると、ホント疲れた顔をしたリーマンたちが多い。もしかしたら自分もそうかもしれませんが、少なくとも表情だけは明るくしようと思います、今日から。

そう「疲れているのは自分だけじゃない」のですからね。

京都が大好きな私

昨日は焼肉ランチだったわけですが、そこへ向かう途中の車内で妻が「最近朝ごはん食べるよね」と言うので考えてみたのですが、あれば食べられるもので、別に食えなかったわけではありません。

独り者だったころ朝はコーヒーのみで、わざわざ朝食を食うことはありませんでしたが、出張や旅行で泊ったホテルの朝食はモリモリ食べていました。不思議ですが旅先では食えるんですよね。

 

旅と言えば「京都」だった私

独り身のころは身軽だったので、思い立って急に旅に行くということもありました。そんな私は「京都」が好きで、かなり行きました。

 

なぜこんなにも京都に惹かれたかというと・・・よく分かりませんが、たぶん私が生まれ育った北海道には「歴史」というものがなく、修学旅行で初めて行った京都にそれを感じたせいだと思います。

それと決定的だったのが、修学旅行で京都へ行ったとき「古都税」を巡る京都の勝手な内紛で、有名な寺社が拝観停止を行っていたことです。

せっかく京都へ行ったのに、「金閣寺」「銀閣寺」などの有名寺社を見ることが出来ず、そのリベンジのため京都へ執着しました。

 

京都旅行は一昨年に行ったのが最後で、その時は妻と行ったのですが"急性胃腸炎"になってしまい、残念な京都旅行になってしまいました。

このリベンジのため、また京都へ行きたいのですが、まだまだ先になりそうですし、その時は元気に妻に京都に素晴らしさを知らしめたいと思います。

 

f:id:koji44:20191208201335j:plain



もう年末年始の予定が固まりつつあります

昨日は文房具屋さんも行ったのですが、それは妻がダイアリーを買うためでした。私と違い妻は先の予定を把握していないと嫌なようで、ダイアリーにメモしながら着々と年末年始の予定が埋まっているようです。

 

基本的にその予定に沿って過ごすことになるのですが、今回は暦の並びも良く9連休になりそうなので、休みごたえがありそうです。

あと3週間です。はたして大晦日を迎えた時、どんな思いが浮かぶのか・・・。

その時の楽しみに取っておきましょう。今から考える事でもありませんし。

 

f:id:koji44:20191209062152j:plain

 

昨日はかなり寝たのですが、今朝は眠たさが残っています。寝過ぎのせいなのかもしれませんが、今また寝れたら極上の幸せでしょう。

宝くじでも当たったらそんな生活も出来るでしょうが、今は許されない希望です。

 

今週も始まってしまいましたが、気張らずゆったりと過ごしたいと思います。

 

 

【悲報】円形脱毛軍の侵略を受けてしまいました!

土曜日の12時ジャストに仕事を終え、一度帰宅してから妻と街に出て別々の美容室へ行ってきました。

私のようなオッサンが美容室なんて・・・と思われるかもしれませんが、人間身だしなみに気を使わなくなったら終わりなんです。

いま後悔していることの一つに「若い頃、もっと紫外線ケアをしておけばよかった」ということがあります。歳をとるとシミになるんです。もう手遅れですが。

 

初めていく美容室、無事に乗りきりました・・・が!

男性には多いと思うのですが、美容室に行っても恥ずかしさから、上手く自分の希望を伝えらませんでした。

今回初めて行く美容室だったのですが、何とか希望の70らいは伝えることが出来ました。「きほんツーブロックで、トップにボリューム持たせたいのでパーマを・・・」的なことを伝え、幸い美容師さんとの意思疎通も上手くいき、まずまず満足できる仕上がりとなり一安心です。

 

www.facebook.com

 

最近の中ではスッキリ目な仕上がりだったので、妻と合流したときの反応が心配だったのですが、妻に言わせると"及第点"だそうです。

いろんな角度から妻にチェックされていて、後ろを見られたとき「あっ!!!円形ができてる!!」と言われ驚愕です。

 

円形脱毛症って一度経験すると出来やすい体質になるのか、たまに発生しやがります。今から20年以上前ですが、極度のストレス(個人的な感じ方ですけど)から100個以上の円形脱毛が発生し、どうしようもないのでスキンヘッドにしたことがあります。

 

今回の"これ"は"無職"によるストレスに違いありません。

 

幸いというか、妻に見てもらったら「毛が生えかけている」ようなので、完治にむかっているんだと思います。

しかし言いづらかったとは思うのですが、「美容師さん、言ってくれよ」とは思います。だってツーブロックなら目立つじゃないですか。

 

でも怒ってはいませんし、また行きますよ。次は「ハゲありますよ」と言ってくださいね。

 

f:id:koji44:20191207211114j:plain

 

今日は焼肉ランチです

前にも書いたのですが、お食事としての「焼肉」の魅力を再確認してから、もう焼肉屋さんに行くのが楽しみで仕方ありません。

 今日行く焼肉屋さんもけっして高級なお店ではないのですが、個人的な感想としてコスパが高く、お腹の膨れ具合も満足なお店です。

 

2年ほど前までは何も考えず、とにかく高いお店をチョイスしがちでしたが、倹約せざるを得なくなって、逆にそれまで見えなかった幸せを再発見できているような気がします。

いまの心境で"銀座叙々苑"に行ったらどうなるのか?ちょっと興味があるのですが、それが贅沢ではなくなるように頑張りましょう。

 

f:id:koji44:20191208082230j:plain

 

カープ鈴木誠也」結婚

私、長年カープファンをやっておりますが、今やカープの"顔"と言っても過言ではない鈴木誠也が結婚しました。いやもう結婚はしていました。

入籍は8月に済ませ、今回はハワイで挙式のようなのですが、素直におめでとうという気持ちです。

昨年まで3連覇し、全国的にも「カープ女子」に代表されるような"にわか"ファンが増えましたが、私は昭和のころからずっと応援し、俗に「暗黒期」と言われる時期も耐え忍びました。

 

それはそうと、鈴木誠也はこれからさらに凄い選手になる男です。やってることがおバカっぽいことはあるのですが、野球やカープに興味の無い方も注目して欲しい選手なんです。

 

お相手は畠山愛理さんですが、どうか誠也のことを頼みます。親ではありませんが・・・。

 

www.youtube.com

 

今日は「円形脱毛」という悲報のあと、「鈴木誠也結婚」という朗報でしたが、きっと良い1日になる予感がします。

毎日のことですが、頑張っていきます。